税の準備シリーズ:ほとんどの退職者は、31月XNUMX日までに必要な退職金制度の分配を受ける必要があります

ワシントン -- 内国歳入庁は本日、1 年 1945 月 31 日以前に生まれた納税者に対し、一般に個人退職制度 (IRA) および職場退職制度からの支払いを XNUMX 月 XNUMX 日までに受け取る必要があることを注意喚起しました。

必須最低分配金(RMD)として知られるこれらの支払いは、通常、2015年末までに行われなければなりません。しかし、特別な規則により、これらの支払いの初年度受取人、つまり70年中に2015歳半に達した人は、遅くとも1月2016日まで待つことが認められています。 、30年に最初のRMDを受け取りました。 これは、1944 年 1 月 1945 日以降、2016 年 2015 月 2016 日以前に生まれた人がこの特別規則の対象となることを意味します。 XNUMX 年初めにこれらの納税者に行われた支払いは XNUMX 年の RMD に算入できますが、XNUMX 年も依然として課税対象です。

これは一連の週の XNUMX 回目です税金 納税者が 2015 年の申告書の提出を計画し始めるのに役立つように設計された準備リリース。

必要な分配ルールは、従来の簡易従業員年金 (SEP) および従業員向け貯蓄インセンティブ マッチ プラン (SIMPLE) IRA の所有者に適用されますが、元の所有者が生存している間は Roth IRA には適用されません。ヴェー。 彼らもまた 401(k)、403(b)、457(b) プランを含むさまざまな職場退職プランの参加者に適用されます。

IRA 受託者は、RMD の金額を IRA 所有者に報告するか、所有者に代わって計算することを申し出なければなりません。 多くの場合、受託者はボックス 5498b のフォーム 12 に RMD 金額を示します。 2015 RMD の場合、この金額は通常 2014 年 5498 月中に所有者に発行される 2015 Form XNUMX に記載されています。

1 月 31 日という特別な期限は、初年度の RMD にのみ適用されます。 その後のすべての年については、RMD は 70 月 2014 日までに作成されなければなりません。つまり、30 年に 1943 歳半になった納税者 (1 年 1944 月 2014 日以降、1 年 2015 月 2015 日以前に生まれた) で、最初の RMD (31 年分) を受け取ったとします。 2015 年 XNUMX 月 XNUMX 日以降も、XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日までに XNUMX 回目の RMD (XNUMX 年用) を受け取る必要があります。

2015 年の RMD は、31 年 2015 月 31 日の納税者の平均余命と 2014 年 XNUMX 月 XNUMX 日の口座残高に基づいています。管財人は、年末の口座価値を IRA 所有者に報告します。 フォーム5498 ボックス 5 に記載されています。 オンラインワークシート IRS.gov で確認するか、出版物 590-B の付録「個人退職協定 (IRA) からの分配」でこの計算を行うためのワークシートと平均余命表を見つけてください。

ほとんどの納税者にとって、RMD は IRS の表 III (統一耐用年数表) に基づいています。 出版物590-B。 したがって、72 年に 2015 歳になった納税者の場合、必要な分配は 25.6 年の平均余命に基づくことになります。 別の表である表 II は、配偶者が 10 歳以上年下であり、納税者の​​唯一の受益者である納税者に適用されます。

RMD 規則は、従来型、SEP および SIMPLE IRA のすべての所有者と職場退職プランの参加者に義務付けられていますが、職場退職プランに参加している一部の人は、RMD を受け取るまでにさらに時間がかかる場合があります。 通常、まだ働いている従業員は、計画が許せば、退職後の年の 1 月 XNUMX 日までこれらの分配金の受け取りを開始するのを待つことができます。 超過蓄積に対する税金を参照してください。 出版物575。 403 年以前に 1987(b) プランの未払い金がある公立学校および特定の非課税組織の従業員は、これらの未払い金の処理方法について雇用主、プラン管理者、またはプロバイダーに確認する必要があります。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部