米国納税者居住地に出入りする方法 – 米国居住外国人であるか否か!

2024 年 1 月 9 日

作成者:Marc J. Strohl、CPA、Protax Consulting Services Inc.

ここ PDF版の場合。

この記事の目的は、外国人が米国内での任務を受け入れる前に考慮すべき情報の包括的なチェックリストを提供することです。この記事は、自主規制を遵守するために必要な技術的能力を教えることを目的としたものではありません。ただし、米国公認会計士 (CPA) の税務担当者が技術的に有能な専門サービスを提供するために知っておくべきことをすべて知っているかどうかを判断するために必要な技術的知識を確実に身につけることができます。

 

米国非居住外国人として申請した場合/米国居住外国人になった場合の影響:

すべての米国居住外国人は、収入がどこで得られたか、通貨の種類、または収入が預け入れられた地理的な場所に関係なく、全世界の収入に対して米国の所得税の対象となります。

すべての米国非居住外国人は、米国源泉所得に対してのみ米国で所得税が課税されます。 

収入源は収入の種類によって異なります。 課税の基本的な前提は、所得の源泉国がその所得に関する第一次課税権を保持することです。 しかし、所得税条約は通常、そのような所得を居住国(源泉国ではなく)で課税して、二重申告遵守義務を回避しようとします。

 

SPT - 米国居住外国人であるか否か:

SPT を満たす場合、個人は米国居住外国人として分類される場合があります。 SPT に不合格となった場合、自動的に米国の非居住外国人として分類されます。

内国歳入法 (IRC) セクション (Sec.) 7701(b)(3) に基づき、個人はその年に少なくとも 31 日間米国に滞在している場合に SPT の対象となります。 & 次の合計が 183 日以上になる場合: 現在の年の米国滞在日数の 100% + 前年の米国滞在日数の 1/3 + 前年の米国滞在日数の 1/6前年の XNUMX 番目。 SPT の決定を要約すると、今年のすべての日と、直前の XNUMX 年間のルックバック期間の一部の日数で構成される米国でのプレゼンスに注目します。

SPT の目的では、部分的な日数は丸一日としてカウントされ、小数日は加算されますが、残りの小数日は切り上げも切り捨てもされず、単純に切り捨てられます。 

個人が継続的に米国居住外国人とみなされるためには、毎年米国暦の課税期間に基づいて SPT を満たし続ける必要があります。 

以下の開始日のとおり、IRC セクション 7701(b)(2)(C)(ii) に基づき、SPT 開始日の決定のために、最大 10 端の日を米国の滞在から除外することができます。

 

米国居住外国人として扱われる選挙:

              XNUMX年目の選挙 IRC セクション 7701(b)(4) に基づき、入国年に SPT テストに合格しなかった個人納税者に適用され、以下の場合に入国日以降米国居住外国人として扱われることを選択できます。 i) 前の課税年度において米国の非居住外国人である、ii) 次の課税年度において SPT に基づく米国居住外国人である、iii) 米国居住外国人として扱われることを選択する可能性がある 入国日以降 到着年に 31 日間連続して米国に滞在し、かつ iv) その連続 31 日間の最初の日から 31 月 75 日まで、少なくとも 5% の期間、外国人が米国に滞在している場合。米国を XNUMX 日以上欠席する場合は、米国滞在日数として無視して扱うことができます。

この上記の選挙は、上記のとおり、SPT に基づいて除外された日、または次のいずれかに該当する個人には利用できません。 免除 or その他 IRC セクション 7701(b)(3)(AD) または IRC セクション 7701(b)(5) で定義されている IRC セクション 7701(b)(7)(D) に基づく個人。

入国日以降米国居住外国人として扱われる選挙は、米国非居住外国人への控除として認められていない住宅ローン利息やその他の項目別控除、または外国賃貸損失などの外国損失がある場合、納税者に利益をもたらす可能性があります。 また、場合によっては、選挙を行うことで、以前の国での納税居住地からの脱却が容易になる可能性があります。 

配偶者と扶養家族も資格を得る必要があります。 したがって、選挙は家族全員に対して個別に行われなければなりません。 未成年者以外の家族全員が選挙に署名して、選挙を XNUMX 回行うというオプションもあります。

 

              結婚選挙 同様に、IRC セクション 6013(g) および (h) に基づいて、既婚者を両方とも通年米国居住外国人にするための選挙が存在します。この選択は次のいずれかに適用されます: a) IRC Sec 6013(g) 31 月 31 日米国居住外国人と結婚した 6013 月 31 日米国非居住外国人、これは行われた課税年度およびその後のすべての課税年度に適用されます、または b) IRC Sec 6013(h) XNUMX 月 XNUMX 日の米国居住外国人 XNUMX 名に二重ステータスを付与。これは最初に選択された課税年度にのみ適用されます。この IRC Sec XNUMX(h) の選択は、一生に XNUMX 回だけ行うことができます。

米国納税年度全体にわたって米国居住外国人として扱われる今回の選挙は、夫婦で申告する共同税率や、米国非居住外国人が別個に申告する場合には認められない特定の項目別控除、あるいは外国損失がある場合には、納税者に利益をもたらす可能性がある。例: 純レンタル損失。 

さらに、この選挙が米国の課税外国所得に次のいずれかを使用する可能性をもたらす場合には、1) 外国税額控除または 2) 逆 IRC Sec のいずれかを使用する機会があります。 911 外国の勤労所得、ドルをドルに控除するか、この選挙で課税対象となるこの外国の所得を除外します。 

配偶者のどちらも 31 月 XNUMX 日時点で米国居住外国人ではない場合、 XNUMX年目の選挙 IRC Sec 7701(b)(4) に基づいて、該当する場合は最初に使用でき、その後、 結婚選挙 IRC Sec 6013 に基づき、その後連続して選出される場合があります。

 

IRC セクション 6013(g) の選挙を一時停止するには、 i) 取り消し - 取り消しを希望する課税年度の延長期限までにホワイトペーパーに署名された声明によって行われた場合、または ii) 配偶者の死亡 - 配偶者の翌年の最初の課税年度から開始される場合死亡、または iii) 法的別居 - 法的別居が発生する課税年度から始まる離婚判決に基づく、または iv) IRS によって終了された記録の不備。

 

米国納税者居住権から抜け出す方法 - システムを打ち破る:

IRC セクションの下で7701(b)(3)(B)によれば、個人が SPT を満たして米国居住外国人となり、その年の日数が 183 日未満であるものの、その日数が 8840 日を超えている場合、端数の XNUMX 年遡及期間は事実上無効にされます。前々回の課税年度における小数点以下 XNUMX 年遡及ルールを使用した要件。このような場合、これらの個人は、IRS Form XNUMX「外国人のためのより緊密な関係例外声明」を提出して、「納税地」および外国との「より緊密な関係」を主張し、米国の非居住外国人であり続けることができます。 

このような米国内の救済である Closer Connection Exception は、当年のみの米国滞在日数に基づいて SPT が満たされている場合には利用できません。 このような場合、米国に居住する外国人は、米国と外国人の他の居住国との間の所得税条約 (通常は OECD モデル第 IV 条の居住地) に基づく救済を求める必要があり、一般に「条約タイブレーカー」条項と呼ばれます (以下を参照)。下)。

ただし、限定的な状況では、個人が次の場合に限り、個人の米国滞在の物理的な日数が SPT を決定する目的から除外される場合があります。

 

  1. 免除される個人: IRC セクション 7701(b)(3)(D) に基づき、7701(b)(5)(AD) で定義されている、F、M、J、または Q ビザで米国に滞在している学生、米国の研修生または教師J または Q ビザを持つ米国人、または M または Q ビザを持つその他の人、慈善スポーツ イベントに出場するプロのスポーツ選手 (その他の事前資格条件あり)、または病状のある個人。
  2. その他: IRC セクション 7701(b)(7) に基づき、外国船舶の乗組員として米国内で他の地点間を 24 時間未満または数日以内に移動する際に、カナダまたはメキシコから米国で働く定期通勤者、およびすべての者国際機関または外国政府の職員。

 

免除される個人は、IRS フォーム 8843、免除される個人および病状のある個人 (およびプロのアスリート) のための声明を記入し、IRS に送信するか、米国の納税申告義務がある場合は、米国の年次税の申告に添付する必要があります。 IRS Form 1040NR または 1040 のいずれかで返送してください。この取り組みでは、F ビザ保有者用の米国市民権移民局 (USCIS) Form I-20 と J ビザ保有者用の DS2019 が Form 8843 に記入するために重要になります。

 

個別の免除規定の例外 上記は特定の J および F ビザ保有者を対象としています。ここで、

 

  • IRC セクション 7701(b)(5)(E)(i) に基づく 教師または研修生– J または Q ビザの場合 教師、研修生、または学生として免除された 過去 XNUMX 暦年のうちの XNUMX 年のいずれかの部分。 その場合、今年は 滞在日を除外することはできません ない限り、 以下のXNUMXつが該当します 今年の教師または研修生として:

 

i) 過去 2 暦年のうち 3 年以内のいずれかの期間において、教師、研修生、または学生として免除されていた、かつ 4) 外国の雇用主が当年度の報酬を全額支払っていた、および XNUMX) あなたが教師または研修生として米国に滞在していた過去 XNUMX 年間のいずれかで、かつ XNUMX) あなたが教師または研修生として米国に滞在していた過去 XNUMX 年間の各期間に、外国の雇用主がすべての報酬を支払った

 

or

 

(ii) IRC セクション 7701(b)(5)(E)(ii)に基づく 学生– F、J、M、または Q ビザの場合 XNUMX暦年を超える期間のいずれかの期間において、教師、研修生、または学生として免除された 次のことを証明しない限り、出席日を除外することはできません。 彼らは米国に永住するつもりはなかった. 

あなたが米国に永住する意思を示しているかどうかを判断する際に考慮すべき事実と状況には、以下が含まれますが、これらに限定されません: 1) 米国以外の外国とのより緊密な関係を維持していないかどうか、および 2)非移民から合法永住者(グリーンカード保持者)にステータスを変更するための積極的な措置を講じているかどうか。

さらに、米国の非居住外国人として一時的に米国で 90 日以内に行われた個人的サービスからの収入は、そのようなサービスの報酬が外国の雇用主のために行われ、3,000 ドルを超えない場合、免除されます。米国の課税。

 

Marc J. Strohl、CPAは、Protax ConsultingServicesIncのプリンシパルです。
電話番号: (212) 714-1805、ファックス: (212) 714-6654、
Email: mstrohl@protaxconsulting.com
Webサイトを参照してください。 www.protaxconsulting.com

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部