米国市民権または法定永住権(グリーンカード)を放棄することを選択–17年2008月XNUMX日以降に発効する出発

2024 年 1 月 9 日

作成者:Marc J. Strohl、CPA、Protax Consulting Services Inc.

クリック こちら PDF版の場合。

この記事の目的は、米国人が米国市民権または法的永住権を放棄することを選択する前に考慮すべき情報の包括的なチェックリストを提供することです。この記事は、自己準拠を実行するために必要な技術的能力を教えることを目的としたものではありません。ただし、米国公認会計士 (CPA) の税務担当者が、技術的に有能な専門サービスを提供するために知っておくべきすべてのことを知っているかどうかを判断するための技術的知識を確実に得ることができます。

 

16年2008月XNUMX日以降の海外駐在:

16 年 2008 月 1 日発効 (国外居住には異なる規則が適用されます: 4) 2004 年 2 月 3 日以前、2004) 17 年 2008 月 3 日から 16 年 2008 月 2009 日まで、および 85) 804 年 2004 月 17 日以降、IRS Notice 2008-2008 に従います。 877 年のアメリカ雇用創出法第 8854 条に基づくもので、その後 877 年のヒーローズ収益および援助救済法に従って XNUMX 年 XNUMX 月 XNUMX 日に発効) IRC セクション XNUMX - 税金回避のための海外移住 - およびフォーム XNUMX - 初回および年次海外移住声明– 報告要件が修正され、第 XNUMXA 条「海外移住の納税責任」が追加されました。

国外退去は次のように定義されます: 1) 米国市民 (DS-4083-米国国籍喪失証明書の提出による) または 2) 長期居住者 (LTR) である合法的永住者 (「グリーンカード保有者」) ( I-407-合法的な永住権の放棄の記録)を提出することにより、それぞれの彫像を放棄しました。 

長期居住者 (LTR) は、居住期間が終了する年で終了する過去 8 課税年度のうち少なくとも 15 年間、そのステータスが保持されていた合法的永住者として定義されます。 米国と所得税条約を締結している外国の納税者として扱われ、租税条約の恩典を放棄していない課税年度はカウントしないでください。 

上記の要件1)または2)を満たしている場合、海外駐在規則が適用され、「」と見なされます。対象となる駐在員' もしも どれか 次のいずれかが適用されます: 1) 国外移住日以前に終了する 5 年間の年間純所得税の平均納税額が、201,000 年で 2024 ドルを超えています (190,000 年で 2023 ドル、178,000 年で 2022 ドル、172,000 年で 2021 ドル、171,000 年で 2020 ドル、168,000 年で 2019 ドル) 、165,000年は2018ドル、162,000年は2017ドル、161,000年は2016ドル、160,000年は2015ドル、157,000年は2014ドル、155,000年は2013ドル、151,000年は2012ドル)、 or 2)あなたの純資産は海外駐在の日に2万以上です or 3)(3年2004月8854日以降に発効)フォーム5、初期および年次の海外駐在声明で、海外駐在日の前のXNUMX年間にすべての米国連邦税の義務を遵守したことを証明できません。 

3年2004月XNUMX日の時点で、「推定'税務上の動機付けのため、IRC Sec 877の適用を回避するための私的手紙の裁定を要求することはできなくなりました。16年2008月877日以降にこれらのテストに合格した場合、IRCSec877およびXNUMXA-海外駐在規定の対象となります。

 

例外-*****16年2008月XNUMX日以降に発効-定義の変更:

二重国籍者および特定の未成年者には、以下のとおり、国外移住規則の例外 (3 年 2004 月 8854 日以降発効) が適用されます (ただし、フォーム 5、初回および年次海外移住明細書、過去 5 年間の米国連邦税遵守に関する証明書は引き続き有効である必要があります)。過去 XNUMX 年間の米国納税申告書に加えて提供されます):

  1. 二重国籍 - 定義: 出生時は米国国民であり、他国の国民であり、その他国の国民として継続し、さらにその他国の居住者として課税され、10 年以上米国居住者ではなかった過去15年間 or

  2. 特定の未成年者 - 18 歳半未満の国外居住者、および国外居住前に 10 年以内の米国居住者と定義されます。

 

駐在発効日-*****16年2008月XNUMX日以降に発効:

あなたは、米国市民権を放棄した日(一部はINSフォームDS 4083を提出)、または長期滞在を終了した日(一部はINSフォームI-407を提出)を国外追放したとみなされます。 16年2008月8854日以降、有効な海外駐在日を設定するために、フォームXNUMX、初期および年次海外駐在声明を提出する要件は無効になります。

元米国市民- あなたは米国市民権を放棄したとみなされます 最古のもの: 1)米国の外交官または領事館の役員の前で米国市民権を放棄した日付(後にINSフォームDS 4083が国籍喪失証明書を発行した場合)、 or 2)米国国務省に米国国籍の自発的放棄の署名された声明を提出した日付(フォームDS 4083に続いて国籍喪失証明書の発行が提供されます)、 or 3)国務省がINSフォーム4083の国籍喪失証明書の発行を発行した日付。 or 4)米国の裁判所が帰化証明書を取り消す日付。

元長期居住者- 長期滞在(LTR)を終了したとみなされます 最古のもの: 1)米国領事館または入国管理官にDHS INSフォームI-407を提出して、「グリーンカード」を自発的に放棄/放棄した日付。 or 2)IN法に基づいて米国からの撤去の最終的な行政命令の対象となり、実際に米国を離れる日付、 or 3)米国と新しい居住国の二重居住者が米国との租税条約を結んでいる場合、あなたはその新しい国の居住者であり、第8833条または6114条に基づく条約に基づく還付ポジション開示を提出します。 b)フォーム7701-初期および年次の海外駐在員声明を提出します。

 

外国税:

あなたは、米国市民権を放棄した日(一部は INS フォーム DS 4083 を提出)、または合法的永住権を終了した日(一部は INS フォーム I-407 を提出)をした日に国外に退出したとみなされます。 16 年 2008 月 8854 日以降、有効な国外退去日を確定するためにフォーム XNUMX、初回および年次国外退去届出書を提出するという要件はなくなりました。

元米国市民- あなたは米国市民権を放棄したとみなされます 最古のもの: 1)米国の外交官または領事館の役員の前で米国市民権を放棄した日付(後にINSフォームDS 4083が国籍喪失証明書を発行した場合)、 or 2)米国国務省に米国国籍の自発的放棄の署名された声明を提出した日付(フォームDS 4083に続いて国籍喪失証明書の発行が提供されます)、 or 3)国務省がINSフォーム4083の国籍喪失証明書の発行を発行した日付。 or 4)米国の裁判所が帰化証明書を取り消す日付。

元長期居住者- あなたが長期居住者 (LTR) である場合、合法的な永住権を終了したものとみなされます。 最古のもの: 1)米国領事館または入国管理官にDHS INSフォームI-407を提出して、「グリーンカード」を自発的に放棄/放棄した日付。 or 2)IN法に基づいて米国からの撤去の最終的な行政命令の対象となり、実際に米国を離れる日付、 or 3)米国と新しい居住国の二重居住者が米国との租税条約を結んでいる場合、あなたはその新しい国の居住者であり、第8833条または6114条に基づく条約に基づく還付ポジション開示を提出します。 b)フォーム7701-初期および年次の海外駐在員声明を提出します。

 

外国税:

(*****新しい税金e17年2008月877日発効)新しいIRCSec。 XNUMXA-海外駐在の税務責任-:

新しいエクスパット-時価評価税:

***** 17年2008月2008日発効、877年のヒーローズ収益および支援救済法、IRCセクション10A-米国の納税申告書の提出に関する海外駐在規則の廃止を実施するために、海外駐在の税務責任が追加されました。 XNUMX年間、国外追放日の前日の時点で、指定された免税限度を超える個人の正味未実現利益に対するXNUMX回限りの市場開放税に置き換えられます。

これらの新しい規則は、他の租税条約加盟国と同様の税規則に米国を合わせています。 したがって、これらの個人が国外退去規則を満たしている場合、つまり「対象国外居住者」である場合、国外退去日の前日に公正な市場価格ですべての財産を売却 (売却とみなす) するかのように扱われます。 

時価税は、866,000 年に 2024 ドルを超える不動産の純未実現利益に課せられます (821,000 年に 2023 ドル、767,000 年に 2022 ドル、744,000 年に 2021 ドル、737,000 年に 2020 ドル、725,000 年に 2019 ドル、713,000 年に 2018 ドル) 699,000年、2017ドル693,000 年、2016 年は 690,000 ドル、2015 年は 680,000 ドル、2014 年は 668,000 ドル、2013 年は 651,000 ドル、2012 年は 2008 ドル)、法律が最初に施行された 600,000 年の当初の除外額は XNUMX ドルでした。

この除外額は、時価評価制度の対象であり、駐在員の前日に対象となる駐在員が所有するすべてのビルトインゲインプロパティに割り当てる必要があります。 対象となる駐在員 (以下のように)任意の資産に関する税金を繰り延べるための選挙を行います。 具体的には、最初に、すべての資産の組み込み利益の合計に対する資産あたりの組み込み利益の比率を除外に掛けて、各組み込み利益プロパティに比例配分で除外を割り当てる必要があります。 割り当てられた除外は、資産ごとの組み込み利益を超えることはできません。 すべての資産のビルトインゲインが合計除外額よりも少ない場合、除外はこのビルトインゲインの合計額に制限されます。

除外は生涯にXNUMX回です。 ただし、将来のインフレ調整後の除外の対象となる未使用の初期除外は、XNUMX回目の海外駐在に適用される場合があります。

みなし販売から生じる利益は、みなし販売の課税年度の課税に考慮されなければなりません。 みなし損失は、既存のIRC法および規制の下で扱われます。

ベーシスでのステップアップ- 課せられる税金を決定する目的で、個人が最初に米国居住外国人になった日に個人が所有していた資産には、ステップアップされた基本規則が適用されます(コードセクション7701(b)の意味の範囲内)。 個人は、その日付に基づいて、その日の不動産の公正市場価格以上の基準を持っているものとして扱われます。 ただし、個人は、この規則を不動産ごとに適用しないように取消不能の選択を行うことができます。この規則は、米国の不動産の利益および米国内での貿易または事業の実施に関連して保有または使用される不動産には適用されません。後者の場合を除いて、個人が米国の条約国の居住者であり、非居住者の外国人が米国の貿易または事業の実施に関連して財産を保有していた場合を除きます。 米国の恒久的施設を通じて実施されていない

 

時価評価の例外-:

1)適格な繰延報酬項目 (IRC Sec 219(g)(5)による-すべての基本的な仕事に関連する適格退職プラン-401(k)/ 403(b)/年金プランおよび契約、SEP、単純退職口座、利息外国年金プランを含む利益分配プランまたは同様の退職金制度またはプログラム、適格な繰延報酬の項目 '実質的に権利が確定している'-適格または非適格オプション、制限付株式報奨、株式評価権またはIRC Sec 83)- 源泉徴収の30%を条件とし、米国との条約に基づく源泉徴収の削減を請求する権利を取り消すことのできない権利放棄を行う,

2) 不適格な繰延報酬項目- 上記でカバーされていない、または適格な繰延報酬と呼ばれていないアイテム- 駐在前日に発生した給付の現在価値を受け取ったものとして扱われる,

3)非授与者信託への関心- 国内または海外– 源泉徴収の30%を条件とし、米国との条約に基づく源泉徴収の削減を請求する権利を取り消すことのできない権利放棄を行う および

4)特定の税金繰延勘定–(IRC Sec 408(a)または(b)個人年金口座または年金、ただし408(k)または(p)、IRC Sec 529プラン、Coverdell、HSA、またはArcher MSAによる)- 外国人駐在の前日に、口座に対するあなたの全利息の分配を受け取ったものとして扱われます.

 

上記 1 と 3 は源泉徴収の対象となります。 項目 2 および 4 は、上記のとおり即時課税の対象となります。 

4つのケースすべてで、フォームW-8CE、国外追放の通知、および条約上の給付の放棄を、上記の4つの項目すべての支払人に提供して、30%の源泉徴収責任を通知するか、現在を要求する必要があります。個人の全利息の価値または価値。これにより、納税申告書の提出および結果として支払われる税金に適切な金額の所得が含まれる場合があります。

上記の項目1〜4で参照されている例外の具体的な定義は、IRS Notice 2009-85の26〜31ページに記載されています。

上記の結果として、IRCセクション72(t)による早期分配税は課されません。

外国人税申告書- 時価税の対象となる国外居住者は、必要に応じて、フォーム 1040 (国外退去が 31 月 1040 日に発生する場合) またはフォーム 1040 とのデュアル ステータス 8854NR を提出し、フォーム XNUMX、初回および年次国外退去報告書を添付する必要があります。

実際に不動産の売却が行われると、866,000 年の 2024 ドル(821,000 年の 2023 ドル)に関係なく、これらの新しい時価評価ルールに基づいてみなされる損益を考慮して、実際の損益の額に調整が行われます。 767,000年、2022年744,000ドル、2021年737,000ドル、2020年725,000ドル、2019年713,000ドル、2018年699,000ドル、2017年693,000ドル、2016年690,000ドル、2015年680,000ドル2014、668,000 年は 2013 ドル、651,000 年は 2012 ドル、2008 年は 600,000 ドル)オリジナルよりXNUMX 年は XNUMX ドルが除外されます。 

 

税金の支払いの延期-:

個人がIRSとの税延期契約により、所定の利率が適用される場合に、みなし販売に課せられる時価評価税の支払いを延期することを選択する機会があります。 選挙は取消不能であり、プロパティごとに行われます。 フォーム8854、初期および年次の海外駐在員声明は、繰延税金および利息の全額が支払われるまで、すべての年にわたって提出され続ける必要があります。

この延期契約に基づき、資産に起因する繰延税金は、i)任意、ii)資産が実際に処分される課税年度の返還期限、またはiii)死亡のいずれか早い方に支払われます。 

ただし、許容可能なセキュリティは、信用状を含む債券または別の形式のセキュリティを含み、納税額と利息の支払いを条件とし、によって受け入れられることを含む規制要件に準拠している必要があります。秘書。 この選挙は、フォーム8854、初期および年次の海外駐在員声明で行われます。 さらに、米国との条約に基づく権利の取消不能な権利放棄を行う必要があります。これにより、時価評価税の査定または徴収ができなくなります。 

これらの手続きは、IRS Notice 2009-85の18ページで対処されており、付録Aのサンプル契約は、海外駐在日の前日を含む返品の期日までに提出されます。 対象となる駐在員は、海外駐在日の前日を含む納税申告書に延期請求書のコピーを添付する必要があり、当該納税申告書と同時にかかる請求書を提出することができます。 

契約は、IRS、SBSEアドバイザリーオフィス、7850SW6によって提出および手配されます。th Court、Mail Stop 5780、Plantation、FL 33324-3202、電話番号954-423-7344。

さらに、対象となる駐在員は、タイムリーな執行を許可し、一般的に実施を容易にするために、IRSからの連絡を受け入れる米国の代理人を任命する必要があります。 対象となる駐在員と代理人は、IRSNotice2009-85の付録Bの例のように拘束力のある契約を結ぶ必要があります。 この契約は、延期リクエストとともに提出する必要があります。 米国のエージェントが辞任またはその他の方法で終了した場合、対象となる駐在員はアドバイザリー、90SW7850で6日以内にIRSに通知する必要がありますth 裁判所、メールストップ5780、プランテーションフロリダ33324-3202。 IRS通知20-2009の85ページの規定に従います。

 

 

Marc J. Strohl、CPAは、Protax ConsultingServicesIncのプリンシパルです。 
連絡先:Tel:(212)714-1805、Fax:(212)714-6654
Email: mstrohl@protaxconsulting.com
Webサイトを参照してください。 www.protaxconsulting.com

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部