アメリカでの就労経験を希望する: 米国での一時的な任務 – トリックとワナ、「アメリカに来る」前に知っておくべき米国の税務問題!

2024 年 1 月 7 日

作成者:Marc J. Strohl、CPA、Protax Consulting Services Inc.

ここ PDF版の場合。

この記事の目的は、外国人が米国内での任務を受け入れる前に考慮すべき情報の包括的なチェックリストを提供することです。この記事は、自主規制を遵守するために必要な技術的能力を教えることを目的としたものではありません。ただし、米国公認会計士 (CPA) の税務担当者が技術的に有能な専門サービスを提供するために知っておくべきことをすべて知っているかどうかを判断するために必要な技術的知識を確実に身につけることができます。

 

米国税務居住地 101:

米国(およびフィリピン、エリトリア)は、世界中の他のすべての国とは異なり、米国居住外国人を定義するために「税務居住権」と呼ばれる個別の明確かつ/または独自の税定義を使用せず、代わりに米国移民法の概念を便乗することを好みます。 。 したがって、米国人(米国国民および合法的永住者(グリーンカード保持者))は常に米国居住外国人として定義されますが、追加の XNUMX つの例外として、実質的存在検査(SPT)を満たす非米国人も定義されます。米国居住外国人として。

 

他の場所での課税:

米国以外の世界中のすべての国に見られる「税務上の居住地」は、さまざまな事実と状況のテスト、または各国の税制に固有の特徴によって決定されます。たとえば、カナダの場合、これらのテストには、海外での永続性と滞在目的、個人の財産と社会的つながり、配偶者、扶養家族と住居、または他国での納税上の居住権の確立などが含まれます。場合によっては、他国での税関係の確立がそれらのテストまたは機能の一部となることがあります。ほとんどの国では、その国から転居する納税者が出発時に非居住者になることを認めています。かかる税は、それらの旧国の非居住者は、それらの旧国で稼いだ、または源泉となった所得に対してのみ課税されます。納税者が永住または就労するためにその国に戻った場合、税務上の居住地が再確立されます。

 

米国非居住外国人として申請した場合/米国居住外国人になった場合の影響:

すべての米国居住外国人は、収入がどこで得られたか、通貨の種類、または収入が預け入れられた地理的な場所に関係なく、全世界の収入に対して米国の所得税の対象となります。

すべての米国非居住外国人は、米国源泉所得に対してのみ米国で所得税が課税されます。 

収入源は収入の種類によって異なります。 課税の基本的な前提は、所得の源泉国がその所得に関する第一次課税権を保持することです。 しかし、所得税条約は通常、そのような所得を居住国(源泉国ではなく)で課税して、二重申告遵守義務を回避しようとします。

 

州税の問題:

米国の州税の場合、要件は州ごとにまったく異なる場合があります。通常、客観的な法定居住者検査に加えて、住所と呼ばれる州固有の主観的事実および状況検査があり、その主な目的は、外国を本籍地と主張する個人を捕まえることです。これらの法定居住者テストは通常​​、183 日間の滞在規則と永続的な居住場所の口実と結びついており、後者は州固有、主観的、および/または曖昧です。 

さらに、一部の州では、居住地セーフハーバーテストが行​​われずに海外勤務終了後に州に戻ることが最終的な意図である場合(基本的な居住地定義)、海外勤務中であっても納税者が引き続き納税居住者であるとみなす可能性があります。 州居住権に関する詳細については、別途ご相談ください。

 

SPT - 米国居住外国人であるか否か:

SPT を満たす場合、個人は米国居住外国人として分類される場合があります。 SPT に不合格となった場合、自動的に米国の非居住外国人として分類されます。

内国歳入法 (IRC) セクション (Sec.) 7701(b)(3) に基づき、個人はその年に少なくとも 31 日間米国に滞在している場合に SPT の対象となります。 & 次の合計が 183 日以上になる場合: 現在の年の米国滞在日数の 100% + 前年の米国滞在日数の 1/3 + 前年の米国滞在日数の 1/6前年の XNUMX 番目。 SPT の決定を要約すると、今年のすべての日と、直前の XNUMX 年間のルックバック期間の一部の日数で構成される米国でのプレゼンスに注目します。

SPT の目的では、部分的な日数は丸一日としてカウントされ、小数日は加算されますが、残りの小数日は切り上げも切り捨てもされず、単純に切り捨てられます。 

個人が継続的に米国居住外国人とみなされるためには、毎年米国暦の課税期間に基づいて SPT を満たし続ける必要があります。 

以下の開始日のとおり、IRC セクション 7701(b)(2)(C)(ii) に基づき、SPT 開始日の決定のために、最大 10 端の日を米国の滞在から除外することができます。

 

米国納税者居住権から抜け出す方法 - システムを打ち破る:

IRC セクションの下で7701(b)(3)(B)によれば、個人が SPT を満たして米国居住外国人となり、その年の日数が 183 日未満であるものの、その日数が 8840 日を超えている場合、端数の XNUMX 年遡及期間は事実上無効にされます。前々回の課税年度における小数点以下 XNUMX 年遡及ルールを使用した要件。このような場合、これらの個人は、IRS Form XNUMX「外国人のためのより緊密な関係例外声明」を提出して、「納税地」および外国との「より緊密な関係」を主張し、米国の非居住外国人であり続けることができます。 

このような米国内の救済である Closer Connection Exception は、当年のみの米国滞在日数に基づいて SPT が満たされている場合には利用できません。 このような場合、米国に居住する外国人は、米国と外国人の他の居住国との間の所得税条約 (通常は OECD モデル第 IV 条の居住地) に基づく救済を求める必要があり、一般に「条約タイブレーカー」条項と呼ばれます (以下を参照)。下)。

ただし、限定的な状況では、個人が次の場合に限り、個人の米国滞在の物理的な日数が SPT を決定する目的から除外される場合があります。

 

  1. 免除される個人: IRC セクション 7701(b)(3)(D) に基づき、7701(b)(5)(AD) で定義されている、F、M、J、または Q ビザで米国に滞在している学生、米国の研修生または教師J または Q ビザを持つ米国人、または M または Q ビザを持つその他の人、慈善スポーツ イベントに出場するプロのスポーツ選手 (その他の事前資格条件あり)、または病状のある個人。
  2. その他: IRC セクション 7701(b)(7) に基づき、外国船舶の乗組員として米国内で他の地点間を 24 時間未満または数日以内に移動する際に、カナダまたはメキシコから米国で働く定期通勤者、およびすべての者国際機関または外国政府の職員。

 

免除される個人は、IRS フォーム 8843、免除される個人および病状のある個人 (およびプロのアスリート) のための声明を記入し、IRS に送信するか、米国の納税申告義務がある場合は、米国の年次税の申告に添付する必要があります。 IRS Form 1040NR または 1040 のいずれかで返送してください。この取り組みでは、F ビザ保有者用の米国市民権移民局 (USCIS) Form I-20 と J ビザ保有者用の DS2019 が Form 8843 に記入するために重要になります。

 

個別の免除規定の例外 上記は特定の J および F ビザ保有者を対象としています。ここで、

 

  • IRC セクション 7701(b)(5)(E)(i) に基づく 教師または研修生– J または Q ビザの場合 教師、研修生、または学生として免除された 過去 XNUMX 暦年のうちの XNUMX 年のいずれかの部分。 その場合、今年は 滞在日を除外することはできません ない限り、 以下のXNUMXつが該当します 今年の教師または研修生として:

 

i) 過去 2 暦年のうち 3 年以内のいずれかの期間において、教師、研修生、または学生として免除されていた、かつ 4) 外国の雇用主が当年度の報酬を全額支払っていた、および XNUMX) あなたが教師または研修生として米国に滞在していた過去 XNUMX 年間のいずれかで、かつ XNUMX) あなたが教師または研修生として米国に滞在していた過去 XNUMX 年間の各期間に、外国の雇用主がすべての報酬を支払った

 

or

 

(ii) IRC セクション 7701(b)(5)(E)(ii)に基づく 学生– F、J、M、または Q ビザの場合 XNUMX暦年を超える期間のいずれかの期間において、教師、研修生、または学生として免除された 次のことを証明しない限り、出席日を除外することはできません。 彼らは米国に永住するつもりはなかった. 

あなたが米国に永住する意思を示しているかどうかを判断する際に考慮すべき事実と状況には、以下が含まれますが、これらに限定されません: 1) 米国以外の外国とのより緊密な関係を維持していないかどうか、および 2)非移民から合法永住者(グリーンカード保持者)にステータスを変更するための積極的な措置を講じているかどうか。

さらに、米国の非居住外国人として一時的に米国で 90 日以内に行われた個人的サービスからの収入は、そのようなサービスの報酬が外国の雇用主のために行われ、3,000 ドルを超えない場合、免除されます。米国の課税。

 

居住開始日:

前の課税年度にまったく米国居住外国人ではなく、上記の SPT を満たすか、グリーン カード (グリーン カード テスト) を取得した人は、滞在の最初の日 (米国居住外国人になる) が米国居住者としてカウントされます。開始目的:

 

  1. (SPT の場合) - SPT に参加する年の最初の米国入国日。ただし、IRC セクション 7701(b)(C)(i)(ii) に基づく事前滞在の最短 10 日間を除く。 ; と
  2. (グリーン カード テストの場合) - グリーン カードが実際に手元にあるかどうかに関係なく、発行された有効なグリーン カードを持って米国の地に上陸した最初の瞬間。

 

SPT とグリーン カード テストの両方を満たす場合、居住開始日は XNUMX つのテストの居住開始日のうち最も早い日、つまり、SPT の下で、または合法的に米国に滞在した最初の日です。永住者。

個人のビザステータスが免除から非免除に変更された場合、その後個人がSPTを満たすと仮定すると、その個人の米国居住初日が、新しい非免除ビザが発効する実際の日とみなされる必要があります。 USCIS フォーム I-787 承認通知。

 

居住終了日:

SPT への準拠の結果として米国居住外国人ステータスを取得した人の場合、米国居住は、SPT への準拠が終了する課税年度まで継続します。 

IRC Sec 31(b)(7701)(B)(i)に基づく場合を除き、実際に物理的に出国した年に SPT を満たしている個人は、その課税年度の 2 月 31 日まで引き続き米国居住外国人であると推定されます。 、(ii) & (iii) 納税者が米国に滞在している暦年の最終日であり (納税者は XNUMX 月 XNUMX 日に米国に滞在していない)、納税者は「より密接な関係」を主張する白書声明を提出します。実際の物理的な出発日と同様に、外国へのタックスホーム」および「より近い接続」。 申請は、継続的な米国居住と全世界所得への課税を避けるために必要です。 

しかし、そのような白書の提出が技術的に必要なのか、それとも「より密接な関係」と「タックスホーム」よりも事実と状況の問題なのかについては論争があります. さらに、早期に出発する共同納税者が、税金の最小化の理由で 31 月 XNUMX 日まで米国の税務上の居住者であり続けることを選択した場合、IRS は、「より密接なつながり」のステータスを理由に、その早期の出発日に踏み込んで居住を終了する権利を有します。外国へ。

 

特定の名目上の滞在 - 滞在開始日または終了日から除外される最小限の日数:

IRC セクション 7701(b)(2)(c) に基づき、7701(b)(2)(c)(i) および 7701(b)(c)(ii) は、特定の名目上の存在を無視することを併用することを許可しています。個人納税者の居住地が外国にあり、米国以外の外国とのより密接なつながりを維持している場合、SPTに基づく米国居住開始日と終了日の決定のために、米国滞在から10deminimis日が除外される場合があります。 

IRC 登録301.7701(b)-4(c)(1) は、合計が 10 日を超えない限り、個人の居住開始日または終了日を決定する目的で、複数の滞在期間の日数を無視できると規定しています。連続する日数の中にある日を無視することはできません。 本質的に、連続日数という概念により、10 日以内の無視の適用は、滞在開始時には容易ですが、滞在終了時に適用することは理論的に困難になります。

 

Form 1040NR- US Nonresident Alien Tax Return- Who Must File/ Exceptions/ Other/ The 1040NR Form

フォーム 1040NR を提出しなければならない人/フォーム 1040NR の提出の例外:

納税者が Form 1040NR を提出する必要がある XNUMX つのシナリオは次のとおりです。

 

  1. あなたは課税年度中に米国で貿易または事業に従事していた非居住外国人でした。 次の場合でも提出する必要があります。
    a) 米国内で行われる貿易またはビジネスからの収入がない場合、
    b) 米国からの収入がない、または
    c) あなたの収入は、租税条約または内国歳入法のいずれかの条項に基づいて米国の税金から免除されます。

 

ただし、総所得がない場合は、フォーム1040NRのスケジュールを記入しないでください。 代わりに、主張する除外の種類とそれぞれの金額のリストを添付してください。

  1. あなたは、課税年度中に米国で貿易または事業に従事していない非居住外国人であり、かつ以下の場合に該当します。
    を。 スケジュール NEC の 1 行目から 12 行目および
    b。 あなたが負っている米国の税金のすべてがその収入から源泉徴収されたわけではありません。

  2. あなたは、フォーム 1040NR を提出する必要があった死亡者の代理人です。
  1. あなたは、フォーム 1040NR を提出する必要がある不動産または信託を代表しています。 

 

Form 1040NR を提出する必要があるその他の状況には、次のようなものがあります。  

次のいずれかを含む特別な税金を支払う義務がある場合: i) 代替最低税 (AMT)、ii) IRA などを含む適格プランに対する追加税、iii) 雇用主が支払うチップまたは賃金に対する社会保障税またはメディケア税iv) 初回の住宅購入者のクレジットの回収、または v) 未回収の社会保障/メディケア/鉄道退職税法のチップまたは団体定期生命保険および HSA の追加税を含む、書き込み税または回収税。  

 

Form 1040NRも提出する必要があります:

 

i) HSA、Archer MSA、または Medicare Advantage MSA の分配金を受け取った場合、および ii) 自営業による純利益が少なくとも 400 ドルあり、米国が国際社会保障協定を結んでいる国の居住者である場合。

さらに、世界中の所得を報告する米国税フォーム 1040-INT/DIV または B を誤って受け取った場合は、米国フォーム 1099NR を提出する必要があります (フォーム W-8BEN が提出されなかったか、ブローカー/管財人が無視した可能性があるため) -8BEN 申告)、誤って報告された収入を修正するため、または 1042-S で米国の収入のみを報告する場合、または IRS がフォーム 1040NR の提出を要求する場合に使用します。米国納税申告書が発行されるたびに、IRS は納税者の居住ステータスをまったく知らずに申告を期待することになります。

 

提出フォーム 1040NR の例外:

 

i) あなたは、「F」、「J」、「M」、または「Q」ビザで一時的に米国に滞在していた非居住外国人学生、教師、または研修生でした。セクション 871 に基づく税 (つまり、フォーム 1NR の 1040 ページの 1 から 8 行目、およびスケジュール NEC (フォーム 1040-NR) の 1 から 12 行にリストされている所得項目) または;

ii) あなたは、米国内で取引やビジネスに従事していない米国パートナーシップのパートナーであり、Schedule K-1 (フォーム 1065) には、Schedule NEC (フォーム 1040- NR)、1 行目から 12 行目、または

iii) あなたの総収入は 5 ドル未満でした。

 

米国非居住外国人としての申請の結果 - フォーム、フォーム、フォーム:

TCJA 2017 は、Form 1040 とは対照的に、Form 2018NR を 2019 年から 1040 年の課税年度までほとんど変更しませんでした。ただし、2020 年の米国所得税年度から、Form 1040NR は、2018 年に改訂された Form 1040 と美しく同期するように再設計されました。 

非居住外国人は、1040 ページからなる米国非居住外国人所得税申告書 Form3NR を使用して米国所得税申告書を提出します。 1040 課税年度からフォーム 1040NR から分岐された、追加の 1040 つのスケジュール A (フォーム 1040-NR)、NEC (フォーム 2020-NR)、および OI (フォーム 1040-NR) があります。 (米国の貿易またはビジネスと効果的に接続されています) ) 所得は Form 1NR ページ 2 および 1040 で報告され、米国の通常の累進税率で課税され、非実質的に関連する所得は 30% の定額税または条約による減税でスケジュール NEC (Form 1040-NR) に報告されます。 。スケジュール OI (フォーム 1040-NR) - その他の情報も含まれます。米国の貿易またはビジネスに実質的に関連する収入には報酬収入が含まれますが、受動的収入は含まれません。スケジュール A (フォーム XNUMX-NR) には、米国の非居住外国人申告者に許可される項目別控除が含まれています。

米国非居住外国人申告者は、世帯主の申告ステータス、標準控除、米国在住外国人に与えられるすべての項目別控除を使用することはできず、結婚している場合は共同で申告することもできません。 TCJA 2017-で廃止また、扶養控除の申請はさらに難しくなります。  さらに、国外所得が会計期間で報告される場合、米国の報告目的に役立つように、最初に暦年 (1 月 31 日から XNUMX 月 XNUMX 日まで) の報告期間に変換する必要があります (米国では、暦年が税務報告として使用されます)。限目)。

 

米国の源泉所得と所得タイプ別の実質的に関連するルール:

一般に、米国の収入は米国から供給されており、以下の場合に米国の貿易またはビジネスと効果的に結びついています。

i) 金利収入- 米国居住者の支払者から受け取った場合、常に米国の源泉所得である銀行預金利息収入を除きます。一般に、利息収入は、資産から生じたもの、または米国の貿易やビジネスによって生じたものでない限り、Not Effectsely Connected (NEC) 収入となります。

ⅱ) 配当収入~ 米国国内企業(米国の支払者)から受け取るものは常に米国の源泉所得であり、資産から生じたもの、または米国の貿易や事業によって生じたものでない限り、通常は NEC となります。

ⅲ) 個人サービス収入 - 賃金、給与、コミッション、手数料、日当、およびボーナス - 米国で物理的に実行された場合 (就業日) は、米国の源泉所得であり、そのため常に有効関連所得 (ECI) と見なされます。

ⅳ) 不動産収入 - 米国にある不動産の場合、IRC セクション 871(d) の選択が行われて収入が ECI にならない限り、常に米国の源泉は NEC 収入であるとみなされます。 2018 課税年度から始まるスケジュール OI (フォーム 1040-NR) - その他の情報には、項目 M- 1. および 2. に記載されており、IRC セクション 871(d) に基づくかかる選挙の確認の要求、および初年度の選挙であるか前年度の選挙であるか、

v) ロイヤリティ、特許、著作権、のれん、商標、無形資産 - 米国で使用する場合は、米国の源泉所得とみなされます。資産からのもの、または米国の貿易や事業によって生じたものを除き、通常は NEC の所得と見なされます。

vi) 米国にある不動産の売却– 常に米国源泉所得と常に ECI、

vii) 個人財産の売却– 株式の売却を含め、売り手の「納税本拠地」が米国にある場合、その売却は米国の源泉所得とみなされます。 さらに、納税者が暦年に 183 日を超えて米国に滞在し、その売却が米国の個人資産である場合、所得 ECI だけでなく、納税者は米国の個人資産の売却全体に対して課税対象となります。暦年。 売却が資産に関連する個人資産の売却から生じた場合、または米国の貿易またはビジネスによって生じた場合も同様です。

viii) 奨学金、助成金、賞品、賞品 - 一般に、支払い人の居住地(米国の非法人または米国国内法人)の居住地が米国である場合、収入は米国の源泉となります。 したがって、国際機関免除法に基づいて公的国際機関によって行われる支払いは、外国の源泉からのものとなります。ただし、米国外の非居住外国人によって行われた、または行われる予定の活動は、米国の収入源ではありません。米国で支払われた場合、収入は米国内で行われた活動の ECI です。

ix) 年金収入– 米国で実施されるサービス(勤務日)に関連する部分は常に米国の源泉収入であり、米国でのパフォーマンスは効果的に関連していると見なされます。

x) 慰謝料収入– 配偶者が元配偶者に支払う慰謝料の場合、慰謝料の源泉は、支払い義務のある配偶者の居住地に基づきます。 2017 年 31 月 2018 日以降に締結された離婚合意、またはその日以降に変更された既存の合意については、TCJA XNUMX に基づいて除外されます。

 

二重ステータス - XNUMX つの課税年度に居住外国人と非居住外国人の両方である場合:

米国内の外国人が XNUMX つの課税年度に XNUMX つのステータスを持っている場合、たとえば、同じ米国の課税暦年に非居住者から居住者ステータスに (またはその逆に) 移行する場合、その外国人は a と呼ばれます。これらXNUMXつのステータスを認識してデュアルステータスファイラー。 

二重ステータスの個人が提出しなければならない納税申告書は、その課税年度の 31 月 1040 日におけるステータスによって異なります。納税申告書フォーム 1040 または XNUMXNR は、フォームの上部に「デュアルステータス申告書」と明記する必要があります。申告書は暦年全体を対象としており、すべての所得税が計算されます。ただし、二重ステータスの申告者は、他のステータスを持つ課税年度の他の部分をカバーする納税申告書とともに、純粋に表示のための別の申告書も提出する必要があります。 

フォーム 1040 または 1040NR は、フォームの上部に「デュアルステータス ステートメント」と記載するステートメント報告期間の目的に使用できます。 これらの目的には、ホワイトペーパーの声明でも十分です。 この声明は純粋にプレゼンテーション的なものであり、金額は声明期間のみを対象としています。 

さらに混乱を招くのが、二重ステータス申告者を提示する IRS が許容する別の方法です。それは、居住期間のすべての情報を Form 1040 に記載し、非居住期間のすべての情報を Form 1040NR に記載し、それぞれの所得税を計算するというものです。フォーム 1040 と 1040NR をそれぞれ別々に受け取り、返送時に一緒に加算されますが、このアプローチはほとんど使用されません。 

上記で説明した最初の方法を使用する場合、エラーを防ぐために、IRS が上記で説明した 2 番目の方法を前提として両方の税金を評価しないように、申告書フォーム 1040 または 1040NR の XNUMX ページを常に NIL にオーバーライドすることが不可欠です。エラー。

デュアルステータス申告者が結婚している場合は、別々に申告する必要があります。世帯主申告ステータスまたは標準控除を使用することはできません。非居住期間のみの特定の項目別控除(医療控除、歯科控除、住宅ローン利子控除、不動産税控除など)も認められません。

 

米国居住外国人として扱われる選挙:

              XNUMX年目の選挙 IRC セクション 7701(b)(4) に基づき、入国年に SPT テストに合格しなかった個人納税者に適用され、以下の場合に入国日以降米国居住外国人として扱われることを選択できます。 i) 前の課税年度において米国の非居住外国人である、ii) 次の課税年度において SPT に基づく米国居住外国人である、iii) 米国居住外国人として扱われることを選択する可能性がある 入国日以降 到着年に 31 日間連続して米国に滞在し、かつ iv) その連続 31 日間の最初の日から 31 月 75 日まで、少なくとも 5% の期間、外国人が米国に滞在している場合。米国を XNUMX 日以上欠席する場合は、米国滞在日数として無視して扱うことができます。

この上記の選挙は、上記のとおり、SPT に基づいて除外された日、または次のいずれかに該当する個人には利用できません。 免除 or その他 IRC セクション 7701(b)(3)(AD) または IRC セクション 7701(b)(5) で定義されている IRC セクション 7701(b)(7)(D) に基づく個人。

入国日以降米国居住外国人として扱われる選挙は、米国非居住外国人への控除として認められていない住宅ローン利息やその他の項目別控除、または外国賃貸損失などの外国損失がある場合、納税者に利益をもたらす可能性があります。 また、場合によっては、選挙を行うことで、以前の国での納税居住地からの脱却が容易になる可能性があります。 

配偶者と扶養家族も資格を得る必要があります。 したがって、選挙は家族全員に対して個別に行われなければなりません。 未成年者以外の家族全員が選挙に署名して、選挙を XNUMX 回行うというオプションもあります。


              結婚選挙
同様に、IRC セクション 6013(g) および (h) に基づいて、既婚者を両方とも通年米国居住外国人にするための選挙が存在します。この選択は次のいずれかに適用されます: a) IRC Sec 6013(g) 31 月 31 日米国居住外国人と結婚した 6013 月 31 日米国非居住外国人、これは行われた課税年度およびその後のすべての課税年度に適用されます、または b) IRC Sec 6013(h) XNUMX 月 XNUMX 日の米国居住外国人 XNUMX 名に二重ステータスを付与。これは最初に選択された課税年度にのみ適用されます。この IRC Sec XNUMX(h) の選択は、一生に XNUMX 回だけ行うことができます。

米国納税年度全体にわたって米国居住外国人として扱われる今回の選挙は、夫婦で申告する共同税率や、米国非居住外国人が別個に申告する場合には認められない特定の項目別控除、あるいは外国損失がある場合には、納税者に利益をもたらす可能性がある。例: 純レンタル損失。 

さらに、この選挙が米国の課税外国所得に次のいずれかを使用する可能性をもたらす場合には、1) 外国税額控除または 2) 逆 IRC Sec のいずれかを使用する機会があります。 911 外国の勤労所得、ドルをドルに控除するか、この選挙で課税対象となるこの外国の所得を除外します。 

配偶者のどちらも 31 月 XNUMX 日時点で米国居住外国人ではない場合、 XNUMX年目の選挙 IRC Sec 7701(b)(4) に基づいて、該当する場合は最初に使用でき、その後、 結婚選挙 IRC Sec 6013 に基づき、その後連続して選出される場合があります。

IRC セクション 6013(g) の選挙を一時停止するには、 i) 取り消し - 取り消しを希望する課税年度の延長期限までにホワイトペーパーに署名された声明によって行われた場合、または ii) 配偶者の死亡 - 配偶者の翌年の最初の課税年度から開始される場合死亡、または iii) 法的別居 - 法的別居が発生する課税年度から始まる離婚判決に基づく、または iv) IRS によって終了された記録の不備。

 

滞在期間終了後….:

「失効禁止」ルールIRC 条 7701(b)(2)(B)(iii) に基づき、非居住外国人が XNUMX 暦課税年度内に米国を出国して税務上の居住権を終了した後、米国に戻り、期間中いつでも米国の税務上の居住権 (SPT に基づく) を再開する場合。次の暦課税年度では、非居住期間と居住期間の間の期間が居住期間とみなされます。 この対応期間中、世界中の米国所得税報告に影響が生じます。

XNUMX年以内に居住再開 - (無失効ルールと混同しないでください)– IRC セクション 7701(b)(10)(A) は、連続 XNUMX 暦年にわたって米国居住外国人であり、その後居住外国人でなくなった後に再び米国居住者となる米国居住外国人に対する特別規則を規定しています。最初の XNUMX 暦年の終わり後に始まる XNUMX 暦年の終わりまでの外国人。 この暫定期間中、そのような個人は依然として米国の非居住外国人とみなされますが、米国居住外国人の制度の対象となります。 つまり、一般に米国源泉所得のみが課税されることを除き、すべての所得に対する段階的な課税率です。

セーリングまたは出国許可- IRS フォーム 1040C、米国出国外国人納税申告書、および/またはより短いフォーム 2063、米国省外国人所得税申告書は、SPT 非対象者の遵守証明書 (出国許可または航行許可とも呼ばれます) を取得するために特定の条件下で使用されます。米国の税金をすべて米国出国前または出国時に全額支払うことを保証するため、米国を永久に出国する例外的な米国居住外国人 

理論的には、パスポート、ビザ、過去 15 年間に提出された納税申告書、および最新の給与明細のコピーとともに、出発の 30 日前までに、これらのフォームのいずれかを IRS に個人的に提出する必要があります。 これらのアイテムは、IRS フィールド アシスタント エリア ディレクターに提示されます。 承認されると、IRS のフィールド アシスタント エリア ディレクターが適合証明書 (出航許可または出航許可) を発行します。 この遵守証明書 (出国または航海許可証) は、出国する外国人が国境の出国地点で米国を出国する際に、支払われるべきすべての米国の税金の支払いに加えて提出する必要があります。 

ただし、Form(s) 1040C または 2063 を完成させて提示しても、納税者が最終的な納税申告書を提出する必要がなくなるわけではありません。 出発時に支払われた税金は、出発後に(通常の期日に)提出される最終フォーム 1040NR 納税申告書で、源泉徴収税または延長支払いとして扱われます。 理論的には、準拠証明書 (出国または航海許可証) なしで米国を出国しようとする外国人は、出国時に IRS 職員による所得税調査の対象となる可能性があります。 その後、出国する外国人は、所得税の申告書と明細書を完成させ、通常は未払いの税金を支払う必要があります。

ただし、適合証明書(出国許可または航行許可)を取得できることは、あったとしてもほとんどありません。米国を出国する人のほとんどは全額源泉徴収されており、返金義務がある可能性があります。さらに、IRS職員はもはや国境検問所には配置されておらず(数十年前にあったかもしれないが、現在はそうではない)、米国市民・移民局(USCIS)や米国税関・国境警備局(CBP)が駐在する可能性はわずかしかない。 )外国人が米国を最後に永久に出国することを知っているでしょう。フォーム 1040-C または 2063 の作成に関する長年の実務経験に基づいて、結果として得られる適合証明書 (出国許可または航行許可) が作成されたり、実際に使用されたり、国境通過点で提示されたりすることは、たとえあったとしてもほとんどありません。

 

国際機関および外国政府の職員の報酬 - IRC 第 893 条

国際機関は、国際機関免除法に規定されている特権、免除、免除を受ける資格を得るために、大統領令を通じて米国大統領によって指定された組織です。

IRS IRC Sec 893の下で、 米国内での勤務に対して外国政府または国際機関から受け取った米国人以外の従業員の賃金、料金、給与を含む報酬は、総所得に含まれず、米国の課税が免除されます。

上記の免除は、移民国籍法 (INA) (247 USC 8(b)) のセクション 1257(b) に規定されている権利放棄の実行および提出によって制限されます。 この権利放棄は、USCIS フォーム I-508 - 特定の権利、特権、免除および免責の権利放棄要求を使用して取得されます。 

フォーム I-508 は、合法永住者および INA 101(a)(15)(A)、(E)、または (G) に基づいて付与された非移民ステータスによって、外交上の権利、特権、免除および免除を放棄するために使用され、維持、取得、または免除されます。合法的な永住権を取得します。

このような職業に就く合法的永住者で、フォーム I-508 を使用して免除を放棄せず、米国の所得税を支払わない場合は、INA 101(a)(15) A、G、または E ステータスに調整される可能性があります。  

逆に、INA 101(a)(15) A、G、または E ステータスの非移民者で、免除を放棄せず、米国の所得税を支払っていない場合、ステータスを合法永住者ステータスに調整することができない場合があります。

IRC Sec 893 の影響を受ける納税者は、自営業、利子、配当、家賃、使用料などを含むその他の源泉所得を米国内で (米国源泉から) 獲得していますが、米国の所得税条約の規定などの影響を受けない限り、所得は免除されません。収入はフォーム 1040NR-US Nonresident Alien Income Tax Return で報告する必要があります。 さらに、雇用サービスが主に商業活動に関連している外国政府職員の場合、IRC Sec 893 は適用されません。

外国政府職員の場合、米国は外国政府に対し、 同等の免除 その外国で職務を遂行する米国政府の職員に。 さらに、国務長官は、米国政府の職員に同等の免除を与える外国の名前と、その外国で職員が行う業務の性質を財務長官に証明する必要がある。

 

租税条約:

米国およびその他のさまざまな国は、事前設定された国際モデルに基づいて所得税条約を交渉してきました。そのXNUMXつがOECDモデル租税条約です。 租税条約の目的のXNUMXつは、XNUMXつ以上の国の税法が二重課税の状況を作り出した場合に二重課税を回避することです。 

米国非居住者と米国居住外国人は同様に、フォーム 8833、セクション 6114 または 7701(b) に基づく条約に基づく帰還位置開示を完了する必要がある場合があります。

特に個人を扱う IRC Sec 8833-301.6114(c) にあるフォーム 1 の報告の例外に特別な注意を払う必要があります。一部には、依存する個人サービス、年金、年金、社会保障およびその他の公的年金、または芸術家、スポーツ選手、学生、研修生、または教師から得られる収入、外国税額控除のための条約の財源に関連する個人からの収入、および社会保障総合協定または外交協定または領事協定が適用される場合納税者が得た所得の課税を減額または修正する。

ただし、IRC Sec 8833-301.6114(c)に基づくフォーム1での報告の例外に関係なく、これは、そのような例外の対象とならないスケジュールOI(フォーム1040-NR)-その他の情報-Lの報告要件には影響しません。

さらに、米国人は、米国が交渉したすべての OECD モデルの条約の中に、米国が米国国民と永住者「グリーンカード」に課税する権利を留保しているため、ほとんどの条約条項の米国人への適用を禁止する給付金または貯蓄制限条項が埋め込まれていることを常に覚えておく必要があります。あたかも所得税条約が発効していないかのように。

 

個人に関連する以下の所得税条約の条項は、救済を提供する可能性があるものとして強調表示されています。

 

  • 第 4 条 - 住居: 一般に「条約タイブレーカー規則」と呼ばれる、それぞれの国の国内税法に基づいて、2 つ以上の国の納税居住者であることが判明した場合、その人がどこの納税居住者であるかを決定するよう努めます。
  • 第 6 条 - 不動産からの収入: 通常、不動産は不動産ですが、この記事では賃貸収入または損失の一部を取り上げます。源泉地国が第一課税権を維持するため、以下のようになります。第 6 条に基づくほとんどの所得税条約はこの問題を回避できないため、包括的な第 24 条の適用が必要となります。あるいは二重課税を避けるために外国税額控除を利用することもできます。
  • 第 X 条 - 配当: 米国の一律税を特定の条約国に従って 30% 以下に引き下げることを目指しています。
  • 第 XI 条 - 利息: 米国の一律税を特定の条約国に従って 30% 以下に引き下げることを目指しています。
  • 第 XIII 条 - 利益: 資産の処分によるキャピタルゲインをカバーするため、この条項は米国の定額税を特定の条約国に従って 30% 以下に引き下げることを目指しています。多くの場合、キャピタルゲインは引き続き課税対象であるという包括的な規定があります。 エイリアンの居住地で。
  • 第 XIV 条 - 独立した個人サービス: 自営業者の所得に対する課税に対処することを目指しています。
  • 第 XV 条 - 従属個人サービス: 従業員の所得に対する課税に対処することを目指しています。多くの条約では、補償金が外国の雇用主によって支払われ負担され、従業員が米国に 183 日を超えて物理的に滞在していない場合、補償金は従業員の居住州 (国) でのみ課税されます。ここ米国にいる外国人の場合、課税は米国では行われません。
  • 第 XVI 条 - アーティストおよびスポーツ選手: そのような人々からの所得に対する課税に対処するよう努めます。
  • 第 22 条 - その他の収入: 他では対処されていない他のすべての所得に対する課税に対処することを目指しています。
  • 第 24 条 - 二重課税の排除: 既存の国内税法に既に組み込まれている場合がある外国税額控除を発動しようとしています。この条項は、上記で取り上げられていない所得に関する二重課税を防止するための包括的なものです。
  • 第 27 条 - 情報交換: 租税回避を回避し、国内税法の円滑な適用を可能にするために、すべての条約国の各税務当局が情報を共有できるようにする原則協定です。

 

その他の所得税事項:

 

  • 一般的な税の推定は、収入源の国が第一の課税権を保持するというものです。ただし、所得税条約は通常、二重の所得税申告遵守義務を回避するために、源泉地国ではなく居住国でその所得に課税することを求めています。
  • F、J、または Q ビザ保有者が米国の非居住外国人として留まる場合、外国の雇用主から支払われる補償金を米国の税務上の総所得に含めないものとします。ただし、J ビザの研修生および教師に対する 872 年ルールの一部の場合と同様に、例外に基づいて米国滞在日数のカウントに関する免除が廃止されると、これらの同じ J ビザ保有者については、次のような所得補償が適用されます。第 3 条(b)(XNUMX)に基づいて米国の課税を免除される外国雇用主は適用されなくなります。
  • IRS IRC Sec 871(i)(2)(A) に基づき、米国の非居住外国人である間、米国の銀行預金から得られる利子所得は米国の課税から免除されます。
  • IRC Sec 871(d) の下では、不動産からの収入を米国の貿易または事業に効果的に関連するものとして扱うための選挙が存在するため、純賃貸収入に段階的な米国の所得税率で課税するのではなく、総賃貸収入に 30% の均一税を課すか、または特定の条約に従って低くなります。 この選挙は取り消されるまで有効であり、最初の年にのみ行われます。 

 

2018 課税年度以降、フォーム 1040NR-米国非居住者外国人所得税申告書、スケジュール OI (フォーム 1040-NR) – その他の情報では、かかる選択の確認を要求する項目 M-1 および M-2 が規定されています IRC Sec 871(d) およびそれは初年度または前年の選挙です。

 

  • 米国の社会保障番号を取得する資格がない外国人個人(米国国民でも米国のグリーンカード所有者でもない、または有効な米国の就労許可を持っていないため)は、米国の個人納税者番号(ITIN)を取得できます。米国の税務目的でのみ有効です。 手順は、フォーム W-7、IRS 個人納税者識別番号申請書を記入して提出し、納税申告書を処理するためにテキサス州オースティンの特別 ITIN 部門に送金します。 特別な例外規定により、フォーム W-7 を使用した納税申告書の提出は認められていません。 

 

11 年 29 月 12 日、IRS IR-1-1 は 13 年 2012 月 98 日より発効し、保護および強化するために一時的に変更された ITIN アプリケーション ルールに関して、IRS IR-6-22 とともに 12 年 2012 月 62 日にリリースされた恒久的な暫定変更を行いました。 ITIN プロセスの完全性。

上記に関して、IRS ITIN 部門は現在、原本文書 (米国の公証コピーは受け入れられなくなりました) または発行機関、または米国大使館または領事館の米国市民サービスの領事部門によって認証されたコピーのみを受け入れます。認証サービス。さらに ITIN は 2012 年後に期限切れになりますが、その後は更新可能です。さらに、ITIN が連続 98 課税年度にわたって使用されなかった場合、ITIN も失効します。さらに、IRS IR-7-1 では、Certifying Acceptance Agent (CAA) のオプションも再導入されました (ルールは 10 年 XNUMX 月 XNUMX 日に強化されました)。

米国の現地にある国内 IRS 納税者アシスタント センター (TAC) の多くは、文書とフォーム W-7 を検証および認証することができるため、原本の文書を IRS に送信する必要がなくなります。 TAC は常に、スムーズかつ簡単な ITIN プロセスを保証する最良の方法です。海外のIRS事務所はすべて閉鎖されました。

また、IR-2012-98 の下で廃止された IR-2012-62 条項では、米軍関係者の配偶者および扶養家族、および非居住外国人が条約上の特典を請求することのみを目的として、フォーム W-7 ボックス a および h を使用して ITIN を申請できるようになりました (米国の納税申告書が添付されている場合は除きます)、6 年 22 月 12 日の規則以前の制度の下に留まります。

 

  • IRC セクションの下で121- 主な住居の売却: – 過去 1 年間の自宅があなたの「主な自宅」または主な住居 (事実と状況のテストによって定義される - あなたが住んでいる場所、ほとんどの時間を過ごしている場所、住所と同様) である場合主な住居を売却するには、納税者は以下を所有している必要があります。 XNUMX) 所有している & 2) 少なくとも 24 年間、自宅で使用または居住している = 730 か月 = 250,000 日、両方の配偶者が、配偶者 XNUMX 人あたり XNUMX ドルの売却益除外規則の対象となります。 

 

所有および使用テストの XNUMX 年間は、販売前 XNUMX 年間の同じ XNUMX 年間である必要はありません。 

貸し出しであっても一時欠席は使用期間としてカウントされます。 

この除外は、XNUMX年にXNUMX回のみ使用できます。

納税者が両方のテストにXNUMX年間の猶予がない場合、雇用場所の変更、健康上の理由、または予期しない状況を含むXNUMXつの「主な理由」のいずれかがない限り、除外の対象にはなりません。 

XNUMX つの「主な理由」のそれぞれについて、納税者は、i) 特定の主な理由「セーフハーバー」、および/または ii) 主な理由ごとに、次のような要素を含む個別の事実と状況に注目します。特定の主な理由、合理的に予見できない主な理由、および維持する財務能力の減損における重大な変化の際に使用され、所有期間中に使用されます。 

勤務地変更のセーフハーバー(この記事の焦点)(雇用には新規雇用、継続雇用、または自営業が含まれる)には、本家と新居の所有権と使用期間中に変更が起こった場合が含まれます。雇用先が、売却された住宅から以前の勤務地より少なくとも 50 マイル離れている。

そのような米国非居住外国人で、米国に移住し、米国に移住してから何年も後にそれを貸し出し、売却して外国の主な家を維持し続けている場合、彼らが持っている限り、雇用場所の変更の主要な例外の下で依然として資格があります。販売前の XNUMX 年間のウィンドウでの使用 (対所有)。

明らかに、米国の非居住者にとってのハンディキャップは、通常は XNUMX 年間の所有権テストに合格しているにもかかわらず、   使用上のテストに適合します。 

家が あなたの「本宅」または主な住居である場合、または上記のテストを満たしておらず、15年以上保有している場合、その利益は長期キャピタルゲイン税率(現在は20%、場合によっては37%)で課税されます。 XNUMX% の範囲の納税者の場合は %。

非適格な使用-主たる住居の売却または交換による利益の計算において、あなたもあなたの配偶者も主たる住居としてその不動産を使用しなかった2009年以降の課税年度における非適格使用に起因する利益の按分部分。特定の例外を除き、上記のルールでは除外されません。

ただし、あなたまたはあなたの配偶者がその物件を主たる住居として使用した最後の日以降、売却または交換の日に終了する 5 年間の期間の一部は上記の例外となります。 実際には、これが意味するのは、販売前の 5 年間にレンタル使用 (非適格使用) があった場合、このレンタル期間の使用は非適格使用とみなされず、利益を比例配分する必要はないということです。ラタは適格使用と非適格使用に配分されます。

IRC セクションに基づく主な居住地除外の売却121 およびその他の上記の情報は、米国の非居住外国人および米国以外に所在する主な住居および「本拠地」にも適用されます。

 

その他の事項:

社会保障およびメディケア税または FICA (連邦保険拠出法):

 

  • 非居住外国人は、スケジュール C「事業損益」を記入して Form 1040NR を提出し、その事業からの純収入に対する米国自営業 FICA 税が免除されます。
  • 米国非居住外国人として残る F、J または Q ビザ保有者は、FICA 給与税が免除されます。 他の種類の就労ビザで米国に滞在する他のすべての外国人は、米国 FICA 税の対象となります。
  • あなたの国籍国または以前の居住国が米国との交渉による通算または社会保障条約を結んでいる場合(現在雇用されているか自営業である場合)、継続的な保険適用を確実にするために、遡って補償証明書を取得できる機会がある場合があります。米国での収入に応じて社会保障負担金を全額受け取ることができるように、指定された最大年数を母国の社会保障制度に支払います。以下をご覧ください。 http://www.ssa.gov/international/ そのような合意があなたの状況に存在するかどうかを決定するため。

 

 

Marc J. Strohl、CPAは、Protax ConsultingServicesIncのプリンシパルです。 
連絡先:Tel:(212)714-1805、Fax:(212)714-6654
Email: mstrohl@protaxconsulting.com
Webサイトを参照してください。 www.protaxconsulting.com

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部