自己負担の教室費用の控除について教師が知っておくべきこと

IRSが幼稚園から12歳までの教師に求めているものth 彼らが教室のために負担する未払いの費用について知るための成績。

秋が来て学校が始まった今、多くの教師が教室の備品を買うために自分のポケットに浸っています。 年間を通じてこれを行うと、すぐに追加できます。 幸いなことに、資格のある教育者は、2019年に確定申告を行うときに、2020年に支払った適格経費を支払うことができる場合があります。

学校で働く教育者は、最大250ドルの未払い費用を控除する資格があります。 500人の資格のある教育者が結婚し、共同で返還を申請した場合、その金額は最大250ドルになります。 ただし、どちらの配偶者も、申請時に適格経費のXNUMXドル以上を控除することはできません。

納税者は、次の場合にこの控除の対象となります。

  • 幼稚園からXNUMX年生までのあらゆる学年を教えます。
  • 教師、インストラクター、カウンセラー、校長または補佐官です。
  • 学年度中に少なくとも900時間働きます。
  • 初等中等教育を提供する学校で働きます。

対象となる費用は次のとおりです。

  • 専門能力開発コース。
  • 本。
  • 用品。
  • 関連するソフトウェアおよびサービスを含むコンピューター機器。
  • 補足資料。
  • 健康と体育のためだけの運動用品。

適格納税者は、税金を申告するときにこの控除を請求できます。 IRSは、教師が控除を請求するプロセスをガイドするために税務ソフトウェアの使用を検討することを推奨しています。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部