IRS、FATCA関連のアカウントデータを盗むことを目的とした詐欺について金融機関に警告

ワシントン — 内国歳入庁は本日、外国口座税務遵守法(FATCA)を遵守している国際金融機関に対し、詐欺に関する警告を発令しました。 IRS を装った詐欺師が金融機関に不正な勧誘を行い、口座所有者の身元情報や金融口座情報を求めています。

IRS は金融機関に対し、特定の口座名義人の身元情報や金融口座情報を電話やファックス、電子メールで提供することを要求していません。 さらに、IRS は、FATCA 登録パスワードや同様の機密アカウント アクセス情報を要求しません。

「IRSの名前を利用した税金詐欺にはさまざまな形があり、国境によって制限されるものではありません」とIRS長官のジョン・コスキネン氏は述べた。 「機密情報を誰かに送信する前に、常に注意を払う必要があります。」

FATCAに準拠するために直接登録されている金融機関、および政府間協力を通じてFATCAを実施するための事実上の政府間協定(IGA)を結んでいるとみなされる管轄区域内の金融機関は、IRSを名乗る人物から接触を受けている。 IRS には、複数の国および大陸からの事件の報告があります。

このような不正な勧誘は「フィッシング」詐欺として知られています。 この種の詐欺は通常、正当な連絡先を装った迷惑メールや Web サイトを使用して、個人情報や財務情報を欺いて取得します。

「フィッシング」詐欺の対象であると疑われる金融機関またはその代理人は、その問題を財務省税務行政監察官 (TIGTA) に報告する必要があります。 800-366-4484、またはTIGTAを通じて 安全なウェブサイト。 メッセージ内に添付ファイルやリンクが含まれている不審な電子メールは開かず、電子メールを次の宛先に転送する必要があります。 フィッシング@irs.gov.

事前の警告と詐欺に関する詳細情報は、次のサイトでご覧いただけます。 irs.gov.

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部