FBARで報告できない仮想通貨(少なくとも今のところ)

FinCENは、規制(31CFR§1010.350(c))がオフショア口座に保持されている仮想通貨を報告可能なFBARフォーム114口座の一種として定義していないことを明確にしています。

税務専門家と納税者は同様に、仮想通貨、別名暗号通貨がFinCENフォーム114の目的で報告可能かどうかに長い間取り組んできました。 外资銀行及び金融勘定の報告 (FBAR)。 通常、法定通貨の価値、つまり納税者に代わって外国金融機関(FFI)が保有する米ドルやその他の資産は、すべてのオフショア口座の総額が114ドルを超える場合、FinCENフォーム10,000で報告されます。課税年度。

仮想通貨にはいくつかの同時特性があり、実務家や規制機関が分類するのが困難になっています。 暗号通貨は、交換の代替媒体、価値の保存、ユーティリティ、法定通貨(ステーブルコイン)への1:1ペグ、または資産(証券または不動産)のトークン化である場合があります。または、これらのプロパティのいくつかを持つことができます同時に。 これは、灰色の領域から明確化の領域に移行するときにすべてのテクノロジーが通過する古典的な規制の遅れです。

実務家は、ウォレット(無料でダウンロード可能なソフトウェア)が報告可能なアカウントになるかどうかについても考えましたが、それは真の自己管理の例であるため、この演習はより専門的なデューデリジェンスでした。 この問題は、納税者が外国の第三者取引所を使用して仮想通貨(ビットフィネックスやビットスタンプなど)を売買する場合に発生します。 この場合の交換はFFIに似ていますが、顧客アカウントがFBARの目的で報告可能なアカウントと見なされるかどうかという疑問が残ります。

AICPA仮想通貨タスクフォースは、財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)に連絡を取り、実務家がこの質問に答えるのを支援しました。 FinCENは、規制(31CFR§1010.350(c))は オフショア口座に保有されている仮想通貨を一種の報告可能な口座として定義します。 したがって、少なくとも今のところ、仮想通貨はFBARで報告できません。 これは将来変更される可能性があり、特に安定したコインの流入を考慮すると、実務家はこのトピックに遅れないようにする必要があります。 FinCENはタスクフォースに、「IRSと協議して、オフショアで保有されている仮想通貨をFBAR規制報告要件に組み込むことの価値を評価し続ける」と述べました。 この明確さがなければ、保守的なアプローチはFBARを提出することになるでしょう。

納税者は、仮想通貨に加えて外国の第三者取引所に米ドルを持っている可能性があるため、申告の目的で米ドルの金額を考慮する必要があります。 また、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)およびフォーム8938、 特定外国金融資産計算書、コンプライアンスはIRSによって管理されます。 したがって、レポートは類似していますが、この記事はFBARにのみ適用されます。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部