2015年のインフレ調整により、さまざまな税制上の優遇措置が増加

ワシントン — 内国歳入庁は本日、2015 課税年度に向けて、税率表やその他の税変更を含む 40 以上の税規定に関する年次インフレ調整を発表しました。 歳入手続き 2014-61 には、これらの年次調整の詳細が記載されています。

ほとんどの納税者にとって最も関心のある 2015 年度課税項目には、次の金額が含まれます。

  • 税率 39.6 パーセントは、収入が 413,200 万 464,850 ドル (共同申告を提出する既婚納税者の場合は 406,750 万 457,600 ドル) を超える独身者に影響し、それぞれ 10 万ドルと 15 万ドルから引き上げられます。 その他の限界税率 (25、28、33、35、XNUMX、および XNUMX パーセント) および関連する所得税基準は、収入手続きに記載されています。
  • 標準控除額は、6,300 課税年度の 12,600 ドルと 6,200 ドルから、別々に申告書を提出する独身者と既婚者は 12,400 ドルに、共同申告する夫婦は 2014 ドルに引き上げられます。世帯主の標準控除額は、9,250 ドルから 9,100 ドルに引き上げられます。
  • 2015年の課税年度の個人の申告で請求される項目別控除の制限は、258,250ドル以上の収入から始まります(夫婦が共同で申告する場合は309,900ドル)。
  • 2015 課税年度の個人控除は、4,000 年の控除の 2014 ドルから 3,950 ドルに増加します。 ただし、この免除は調整後の総所得258,250万309,900ドル(夫婦が共同申告する場合は380,750万432,400ドル)から段階的に廃止されることになる。 完全に段階的に廃止され、XNUMXドル(夫婦が共同で申請する場合はXNUMXドル)となります。
  • 2015 課税年度の代替最低税控除額は 53,600 ドル (夫婦が共同申告する場合は 83,400 ドル) です。 2014年の免除額は52,800ドル(夫婦が共同で申請する場合は82,100ドル)でした。
  • 2015年の勤労所得控除の最大額は、対象となる子供が6,242人以上いる共同申告納税者の場合は3ドルとなり、6,143課税年度の合計2014ドルから増加しました。歳入手続きには、他のカテゴリー、所得基準、段階的廃止の最大控除額を示す表が含まれています。 。
  • 2015年に亡くなった子孫の地所の基本的な除外額は、5,430,000年に亡くなった子孫の地所の合計5,340,000ドルから、2014ドルになります。
  • 2015年の米国国民ではない配偶者への贈与税の免除額は147,000万145,000ドルで、2014年のXNUMX万XNUMXドルから増加した。
  • 2015 年の外国勤労所得控除額は 100,800 桁の大台を突破し、99,200 年の 2014 ドルから XNUMX ドルに上昇しました。
  • 年間の贈答品の除外額は、14,000 年も 2015 ドルのままです。
  • 雇用主主催の医療柔軟支出協定(FSA)への従業員拠出額の年間上限額が2,550ドルに引き上げられ、50年の金額より2014ドル増加した。
  • 中小企業医療税控除では、雇用主のフルタイム相当従業員数が 10 人を超え、雇用主の平均年間賃金が 25,800 年度の 2015 ドルを超え、25,400 年の 2014 ドルから段階的に控除の上限が廃止されます。 。

これらのインフレ調整や、このリリースに記載されていないその他の調整の詳細については、以下を参照してください。 収益手続き2014-61この内容は、2014 年 47 月 17 日の内国歳入速報 2013-XNUMX に掲載される予定です。2015 年の年金制限 23年2014月XNUMX日に発表されました。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部