すでに外国の制度に支払っている場合、自営業税について何をする必要がありますか?

Q&A:私は自営業で混乱しています。すでに外国のシステムに支払いを済ませている場合、米国の自営業税について何をする必要がありますか?

Q: 私はフィンランドに12年間滞在しており、米国に帰国し、前年の税金を申告しています。 私は、2009年のIRS出版物54、11ページにある「社会保障およびメディケア税の免除」というタイトルの明らかに矛盾する情報に混乱しています。

私はフィンランドに住んでいたすべての年に、すべての自営業税を忠実に支払いました。フィンランドとの合計協定は、米国で再度支払う必要がないことを理解していますが、会計士は、15.3%の自己を支払う必要があると言います。 -雇用税。

誰が正しいですか?

A: 基本的なルールはこれです-あなたはどちらかのシステムに支払う必要があります(合計契約があると仮定して)。

あなたの場合、フィンランドの社会システムに支払いをしているのであれば、収入に対して自営業税を支払う必要はありません。 所得税を支払う必要があります。

国別の合計契約のSocialSecurity.govの概要を確認してください(契約の全文はサイトでも確認できます)。 これらの協定は海外で過ごした年数にのみ適用されることに注意してください。 米国に戻ると、再び米国のシステムに責任を負います。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部