IRSは納税者に個人情報盗難の疑いを手紙で警告

IRS は、Tax Tip 2023-74 に基づいて、2022 年の米国所得税申告書を提出した後、納税者は 4 種類の IRS 盗難 ID レターのいずれかを受け取ることができ、納税申告書の前に特定の指示に従う必要があることを注意喚起しています。処理中です。

詐欺師は、盗んだ社会保障番号を使用して不正な納税申告書を提出し、還付金を徴収することがあります。 これを防ぐために、IRS はすべての納税申告書をスキャンして不正の兆候がないか調べます。 システムが疑わしい納税申告書を発見した場合、IRS は申告書を調査し、ID 盗難の可能性を知らせる手紙を納税者に送ります。 IRS は、納税者が手紙に応答するまで、疑わしい納税申告書を処理しません。

IRS はこれらの特定詐欺メールを納税者に送信する場合があります。:

  • レター 5071C、オンライン オプションによる個人情報盗難の可能性: これは、納税者にオンライン ツールを使用して身元と納税申告情報を確認するように指示します。 納税者が申告しなかった場合は、オンライン ツールを使用して IRS に通知できます。
  • レター 4883C、個人情報の盗難の可能性: これは、納税者に IRS に電話して身元と納税申告情報を確認するように指示します。 納税者が申告をしなかった場合は、手紙に記載されている納税者保護プログラムのホットライン番号に電話することができます。
  • レター 5747C、本人確認による個人情報盗難の可能性: これは納税者に対し、地元の納税者支援センターで本人確認と納税申告書情報を直接確認するよう指示します。 納税者が申告をしなかった場合は、手紙に記載されている納税者保護プログラムのホットライン番号に電話することができます。
  • レター 5447C、米国外での個人情報盗難の可能性: これは、納税者にオンライン ツールを使用するか、IRS に電話して身元情報と納税申告情報を確認するよう指示します。 納税者が申告しなかった場合は、オンライン ツールを使用して IRS に通知できます。

納税者は書簡に記載された手順に従う必要があります
個人情報盗難通知書は、納税者に必要な手順を通知します。 納税者は次の手順に従って IRS と問題を解決する必要があります。

ID 盗難の被害者は、連邦取引委員会への ID 盗難の報告と回復に関するその他のリソースを見つけることができます。 個人情報保護.gov.

納税者が IRS の個人情報盗難通知書を受け取った場合、個人情報盗難宣誓供述書を提出する必要はありません
納税者が個人情報盗難の被害者であること、または被害者である可能性があると考えていることを IRS に通知する必要がある場合は、フォーム 14039、個人情報盗難宣誓供述書を提出できます。 納税者が個人情報盗難に関する IRS レターをすでに受け取っている場合は、宣誓供述書を提出する必要はありません。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部