2017年の課税年度については、電子ファイルは17月XNUMX日に終了します。 その後、被災者、他の人は紙にファイルする必要があります

2018年の納税シーズン(2017年の所得税申告書)が近づくにつれて、通常どおりIRSは終了します。これは、17年2018月2019日に、2018年の納税申告書を提出する次の2019年の納税シーズンに備えて電子申告を終了することを思い出させてくれます。 その後、電子ファイリングが再開されるXNUMX年XNUMX月またはXNUMX月のある時点まで、紙のファイルを提出する必要があります。

内国歳入庁は本日、被災地の人々を含む人々に対し、2017年の納税申告書を電子的に提出したい人は、17年2018月XNUMX日土曜日までに提出するよう注意を喚起した。紙の納税申告書の提出は、その日以降も引き続き利用可能である。

電子的に提出された個人の返品を処理するシステムであるIRSMonderizede-fileは、17月2019日以降にシャットダウンされ、IRSは毎年のメンテナンスを実行し、次のXNUMX年の納税申告シーズンに向けてシステムを再プログラムできるようになります。

その結果、17月XNUMX日以降に申告する必要がある納税者は紙で申告する必要がある。

個人の大多数はすでに2017年の連邦税申告書を提出していますが、ハリケーンマイケル、ハリケーンフローレンス、およびその他の最近の災害の犠牲者は、追加の延長の資格があります。 これには、連邦政府が申告した被災地に住んでいる、働いている、または事業を営んでおり、米国の納税申告義務があり、以前に連邦税申告書を提出するための有効な6か月の延長期間を取得した納税者が含まれます。 延長期限は地域によって異なり、17年2018月28日から2019年XNUMX月XNUMX日までの範囲です。現在、フロリダ、ジョージア、ノースカロライナ、サウスカロライナ、バージニア、ウィスコンシン、北マリアナ諸島の一部が対象です。

ジョブの設定方法については、 IRS災害救援ページ & 電子ファイルページ

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部