2016年の課税年度については、Eファイルは18月XNUMX日に終了します。 その後、災害の犠牲者、他の人は紙にファイルする必要があります

2017年の納税シーズン(2016年の所得税申告書)シーズンが終わりに近づくにつれ、IRSは恒例のように、来る18年の納税シーズンに備えて2017年の納税申告書を提出するための書類提出を2018年2017月2018日に終了することを通知しています。 その後は、電子ファイリングが再開される XNUMX 年 XNUMX 月または XNUMX 月のある時点まで、紙でファイリングする必要があります。

内国歳入庁は本日、被災地の人々を含む人々に対し、2016年の納税申告書を電子的に提出したい人は、18年2017月XNUMX日土曜日までに提出するよう注意を喚起した。紙の納税申告書の提出は、その日以降も引き続き利用可能である。

電子的に提出された個人申告書を処理するシステムであるIRS最新化電子ファイルは、同庁が年次メンテナンスを実施し、来たる18年の納税申告シーズンに向けてIRSがシステムを再プログラムできるようにするため、2018月XNUMX日以降にシャットダウンされる。

その結果、18月XNUMX日以降に申告する必要がある納税者は紙で申告する必要がある。

ほとんどの個人はすでに 2016 年の連邦税申告書を提出していますが、特定の納税者は 31 年 2018 月 6 日まで延長の資格がある場合があります。これには、連邦政府が宣言した災害地域に居住し、米国の納税義務があり、以前に納税申告書を取得していた納税者が含まれます。連邦税申告書の提出期限を XNUMX か月間有効に延長します。 連邦政府が宣言した災害地域には、ジョージア州、フロリダ州、プエルトリコ、バージン諸島、テキサス州、ルイジアナ州、サウスカロライナ州の一部でのハリケーンと熱帯暴風雨の犠牲者、そしてカリフォルニア州の一部での山火事の犠牲者が含まれている。

IRS を参照してください 災​​害救援 ページと 電子ファイル 詳細については、ページ。

税金の申告にサポートが必要ですか? プロタックス コンサルティングの専門税理士およびコンサルタントは、米国の個人駐在員の税金を専門としています。 お問い合わせはこちら

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部