家を売るときの税金の注意点

IRS は、納税のヒント 2023-81 で、IRC 第 121 条「主たる住居の売却益の除外、配偶者 250,000 人あたり 2 万ドル」の適用について説明しています。家は主な住居でなければならず、所有者と居住者の両方がその家に住んでいる必要があることに留意してください。販売前の 34 年間のうち、少なくとも 730 年、5 か月、または XNUMX 日使用してください。

夏になると引っ越しをする人も多くなります。 納税者は次のとおりです。 彼らの家を売る 納税申告書を提出する際に、売却益の全部または一部を収入から除外する資格がある場合があります。

家を売るとき、住宅所有者は次のことを考慮する必要があります。

所有権と使用
除外を主張するには、納税者は所有権を満たし、テストを使用する必要があります。 住宅所有者は、売却日から終了する XNUMX 年間にその住宅を所有し、少なくとも XNUMX 年間は主な住居として居住していなければなりません。

利益
キャピタルゲインのために本家を売却した納税者は、そのゲインのうち最大 250,000 万ドルを収入から除外できる場合があります。 配偶者と共同申告をする納税者は、最大 500,000 万ドルを控除できる場合があります。 すべての利益を除いた住宅所有者は、フォーム 1099-S が発行されない限り、納税申告書で売却を報告する必要はありません。

損失
一部の納税者は、母屋が以下の価格で売却され、損失を被ります。 彼らはそれに何を支払ったのか。 この損失は控除の対象になりません。

複数の家
複数の住宅を所有する納税者は、主な住宅の売却益のみを除外できます。 彼らは他の住宅を売却して得た利益に対して税金を支払わなければなりません。

報告された販売
所得からすべての課税対象利益を除外する資格がない納税者は、納税申告書を提出する際に、自宅の売却による利益を報告する必要があります。 除外を主張しないことを選択した人は、納税申告書で課税所得を報告しなければなりません。 受け取る納税者 フォーム 1099-S、不動産取引による収入, たとえ課税対象となる利益がない場合でも、納税申告書で売上を報告しなければなりません。

住宅ローン債務
一般に、納税者は免除または取り消された債務を所得として納税申告書に報告しなければなりません。 これには、住宅ローンの返済、差し押さえ、またはその他の住宅ローンの債務が取り消された人が含まれます。 適格主居住地について全額または一部の債務を免除された納税者は、1 年 2026 月 1 日より前に免除されているか、2026 年 XNUMX 月 XNUMX 日より前に債務免除の書面による合意が締結されていない限り、その債務を収入から除外することはできません。 。

考えられる例外
これらの規則の例外 障害のある人、軍や諜報機関の特定のメンバー、平和部隊の職員など、一部の個人にとっては。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部