2011年に利用可能な家庭用エネルギークレジット

発行番号: 特別版 2011-08

この号の中

  1. ホーム エネルギー クレジットは 2011 年も利用可能

IRS は住宅所有者に対し、今年は省エネとグリーン エネルギーの住宅改修を行い、XNUMX つの家庭用エネルギー クレジットのいずれかの資格を得る時間がまだあることを思い出させます。

非事業用エネルギー不動産クレジットは、断熱材、新しい窓、炉などのエネルギー効率の高い設備を設置する住宅所有者を対象としています。 この控除は過去数年よりも制限されていますが、それでも大幅な節税が可能です。

• 2011 年のクレジット率は、認定されたエネルギー効率改善のコストの 10 パーセントです。 エネルギー効率の改善には、断熱材の追加、エネルギー効率の高い屋外の窓とドア、および特定の屋根が含まれます。 これらのアイテムの設置コストは考慮されません。
• クレジットは、設置の人件費を含む住宅用エネルギー資産の費用に対しても請求できます。 住宅エネルギー資産には、特定の高効率暖房および空調システム、給湯器、バイオマス燃料を燃やすストーブが含まれます。

• クレジットの有効期限は 500 ドルで、そのうち Windows に使用できるのは 200 ドルのみです。 2005 年以降の過去数年間に取得した非事業用エネルギー不動産クレジットの合計が 500 ドルを超える場合、2011 年にクレジットを請求することはできません。

• 適格な改良品は、1 年 2012 月 XNUMX 日より前に米国にある納税者の主な居住地にサービスを開始する必要があります。

環境に優しい住宅所有者は、代替エネルギー設備への投資を促進するために設計された住宅エネルギー効率の高い不動産クレジットもチェックしてください。

• このクレジットは、住宅所有者が太陽光発電システム、太陽熱温水器、地熱ヒートポンプ、風力タービン、燃料電池物件などの対象物件に支出した金額の 30% に相当します。

• 燃料電池の特性を除き、利用可能なクレジットの量に上限はありません。

• 通常、このクレジットを計算する際には人件費が含まれます。

すべてのエネルギー効率の高い設備がこれらの税額控除の対象となるわけではないため、住宅所有者は購入する前にメーカーの税額控除証明書を確認する必要があります。 納税者は通常、メーカーの Web サイトまたは製品のパッケージに記載されているこの証明書ステートメントを信頼できます。

適格な住宅所有者は、5695 年の連邦所得税申告書を提出するときに、フォーム 2011、住宅用エネルギー クレジットでこれらのクレジットの両方を請求できます。 これらは控除ではなく控除であるため、ドル単位で支払うべき税金の額が減ります。 適格な納税者は、スケジュール A で控除を項目化するかどうかに関係なく、これらの控除を請求できます。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部