2019年の物理的プレゼンステストは、いくつかの国で免除されました

すべての税務シーズンで通例であるように、2020年の税務シーズンでは、IRC Sec 2020(d)(14)時間要件の免除の対象となる世界中の国に関するRevProc911-4に基づくIRSリリースガイダンス。 今年のリストには、コンゴ、コンゴ民主共和国、ハイチ、イラク、スーダン、ベネズエラが含まれます。

で Rev Proc 2020-14、2020-16 IRB 661、IRSは、2019CodeSecの目的に適用される居住およびプレゼンステストを放棄しました。 コンゴ民主共和国、ハイチ、イラク、スーダン、ベネズエラの特定の米国個人に関して、これらの国の不利な状況のために、911人の外国人所得と外国人住宅費の除外。

2019年、財務長官は国務長官と協議して、戦争、内乱、または同様の不利な状況により、指定された日付以降、次の国での通常の業務遂行が妨げられると判断しました。

  • コンゴ民主共和国–13年2019月XNUMX日;
  • ハイチ–14年2019月XNUMX日; 
  • イラク–14年2019月XNUMX日; 
  • スーダン–11年2019月XNUMX日; と
  • ベネズエラ–24年2019月XNUMX日。 

コードセクションの目的のため。 911年13月2019日以降にコンゴ民主共和国を離れた個人である911は、その個人がコンゴ民主共和国に存在していた、またはコンゴ民主共和国の正真正銘の居住者であった期間中、資格のある個人として扱われます。個人がCodeSecの要件を満たしているという合理的な期待を確立した場合。 XNUMX(d)ですが、これらの条件の場合。

セクションCodeSecに基づく救済の資格を得る。 911(d)(4)の場合、個人は、財務長官が個人が外国を離れる必要があると判断した日またはそれ以前に、外国に居住を確立しているか、物理的に存在している必要があります。 したがって、たとえば、13年2019月911日以降にコンゴ民主共和国に最初に物理的に存在したか居住を確立した個人は、コードセクションで規定されている例外の対象とはなりません。 4年の課税年度は2019(d)(XNUMX)。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部