オルソンはIRSにいくつかのパスポートケースを認証しないように指示します

国の納税者擁護者ニーナ・オルソンが救助に–オルソン女史は、オルソン女史が国の納税者擁護者として監督している納税者擁護サービス事務所に事件があった約800人の納税者に納税者アシスタントオーダーTAOを発行します。

16年2018月24日、2017年1月2016日、14年2015月114日、および94年7345月51,000日、Protaxは、Fixing Americaの地上輸送法(FAST Act)に基づいて、PLXNUMX-XNUMXが追加されたと警告しました。 XNUMXは、納税者が自分の税金を深刻に滞納していることを国務長官に証明することをIRSに許可します。 その後、国務省は納税者のパスポートを拒否、取り消し、または制限することができます。 深刻な滞納者としての資格を得るには、納税者は、査定された税金、利子、および罰金を含めて、IRSにXNUMXドルを支払う必要があります。

国税納税者の擁護者であるニーナ・オルソンは、パスポートの取り消しまたは拒否について、一部の滞納納税者を米国国務省に認定しないようにIRSに指示しました。 一般的に、これらはオープンな納税者擁護サービス(TAS)のケースを持つ個人である、とオルソンはブログ投稿で説明しました。

フィラデルフィアのFoxRothschildLLPのパートナーであるMatthewLeeは、Wolters Kluwerに、「パスポートの取り消しまたは拒否を引き起こす機能により、IRSは納税義務を滞納している個人に対して強力なレバレッジを得ることができます」と語った。 「IRSに51,000ドル以上の借金があり、パスポートを失う可能性を懸念している納税者は、未払いの納税義務を全額支払うか、分割払い契約などの徴収の代替案を交渉することによって、未払いの納税義務に対処するための迅速な措置を講じる必要があります。妥協案」とリー氏は述べた。

認証

2015年に可決された法律では、財務省は、IRSから、個人が深刻な滞納税債務を抱えているという証明書を受け取った後、その証明書を国務省に送信することを義務付けています。 国務省は、緊急事態または人道上の理由がある場合を除いて、その個人にパスポートを発行することはできません。 国務省は、以前に発行されたパスポートを取り消すこともできます。

深刻な滞納税債務とは、個人の未払いの法的強制力のある連邦税債務であり、合計で51,000ドル(インフレ調整後)を超え、連邦税のリーエンの通知が提出され、すべての行政上の救済措置が失効または使い果たされています。 または賦課金が発行されました。 分割払い契約または妥協案に基づいて支払われる債務を含む特定の税金債務は除外されます。

IRSは、2018月にパスポート認証に関するガイダンスを発表しました(通知1-2018、IRB 3-299、2018; TAXDAY、01/15/2、I.XNUMX)。

TASケースを開く

オルソンは、IRSが未解決のTASケースを持つ納税者を認証から除外しないことを意図していると報告しました。 「16月800日の時点で、TASは、51,000ドルを超える未払いの連邦税債務を抱え、TASで未解決の訴訟を起こし、それ以外の場合は認証の例外または除外を満たさない、約XNUMX人の納税者を特定しました」とOlson氏は述べています。

今、オルソンは行動を起こしました。 「私はこれらのほぼ800人の納税者全員に納税者支援命令(TAO)を発行し、IRSに国務省への深刻な滞納税債務を証明しないように命じました」とオルソンはブログに投稿しました。 「IRSは、これらのTAOが国税庁長官、IRSコミッショナー、またはIRS副コミッショナーによって取り消されるか変更されるまで、これらの納税者の認定を控えなければなりません」とオルソンは説明しました。

「TASと積極的に協力して債務を解決している納税者にとって、納税義務を証明することによってどのような目的が果たされるのかは明確ではありません。 TASが納税者を遵守させ、IRSに関する納税者の問題を解決できれば、認証の目的は満たされます」とオルソン氏は述べています。

認証

一部の納税者は、TASに支援を求める前にすでに認定されている場合があります。 オルソン氏は、これらの納税者を支援するようにTASスタッフに指示したと述べました

納税者のケースが他のTAS要件を満たしていない場合、TASの従業員はNTAの公共政策当局の下で納税者を支援することができます。 「パスポートの紛失と海外旅行の権利によって納税者が直面する可能性のある差し迫った取り返しのつかない損害を考えると、パスポート認証の対象となる納税者を支援するための説得力のある公共政策が明らかにあります」とオルソン氏は述べています。

George L. Yaksick、Jr.、WoltersKluwerニューススタッフ

 

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部