新しい電子ファイル規制ニューヨーカーは現在、運転免許証または州発行のID情報を含める必要があります

による 最近のガイダンス ニューヨーク州税務財務局から、電子申告されたニューヨーク州の個人所得税申告書を処理するためのソフトウェアを使用する場合は、身分証明書の追加レイヤーを提供する必要があります。 ここで、運転免許証または州発行のID情報を含める必要があります。

納税者は、すべてのライセンスまたはIDカードのID番号、発行国、発行日、および有効期限を提供する必要があります。 納税者の免許証/IDがニューヨーク州の運転免許証または非運転免許証のIDである場合は、免許証/IDに記載されている書類番号も入力する必要があります。

情報を入力するためのフィールドは、返品時には表示されませんが、ソフトウェアのXMLの認証ヘッダーに表示されます。

この追加情報は、以前はオプションでしたが、2016年の課税年度の時点で必須になっています。 クライアントが運転免許証または非運転免許証を持っていない場合、ソフトウェアは、クライアントが「該当するIDがない」と主張するボックスをチェックすることにより、これを示すように作成者に促します。これにより、クライアントは要件を満たすことができます。 情報が含まれていなくても、納税者を検証するための他のすべての努力が失敗した場合でも、払い戻し処理時間の遅延を引き起こすことはありません。

UPDATE: ニューヨーク州税務財務局は、クライアントが運転免許証または運転免許証以外のID情報を共有したくない場合は、技術的にはそうであっても、作成者は[該当するIDなし]チェックボックスをオンにする必要があると述べています。有効なライセンスを持っている。 作成者は、そのチェックボックスをオンにしても制裁や罰則に直面することはありませんが、納税者は、実際には免許を持っているのに免許を持っていないことを示す申告書に署名していることを理解する必要があります。 この返品は部門の検証ルールを通過し、運転免許証情報を含むすべてのフィールドからの返品に関する情報に応じて、他の情報が行われた場合と同様に、返品の有効性に関する決定が行われます。公的記録と一致しません。

部門はまた、作成者がすでにクライアントに税パッケージを送信している場合、作成者は再度連絡を取り、新しい要件を通知することを推奨しました。

水曜日の夕方に発表された変更を発表する通知は、歴史的に税務部門が税務準備者に変更を通知するプロセスは、税務準備ソフトウェア開発者と連絡を取り、協力することであったと述べました。 承認する前にコンプライアンスをテストします。 その後、更新されたPublication 93の発行を通じて税務専門家に通知します。ただし、今年、同省は、メンバーに直接連絡することにより、税務当局とのコミュニケーションを強化することを決定しました。

UPDATE: ニューヨーク州税務財務局は、XNUMX月の電話会議でソフトウェア開発者とこの変更について話し合った後、XNUMX月に新しい要件を思い出させたと述べました。 部門は、通常、ソフトウェア開発者がプロ​​グラム自体に関連情報を含めていたので、これは通常、税務作成者コミュニティと直接通信するものではないと述べました。 部門は、ソフトウェア開発者がこの問題について何のアウトリーチも行っていないことを知った後、このコミュニケーションを発行することを選択しました。

「これを伝えるためのより良い仕事をしたでしょうか? おそらく」とNYSTDFのスポークスマンは金曜日に言った。 「そして、それは私たちが検討し、次の年に計画を立てるつもりです。」

税務部門のFAQで取り上げられていない質問については、税務部門は開業医に質問を オンラインフォーム、XNUMX営業日以内に回答されるとのことです。

より役立つかもしれない部門の 「回答」ページ 部門が公開した元のFAQで利用可能なものよりも多くの追加情報を含む、この問題に専念しています。

 

リンクをクリックして、から取得した元の記事を表示します 信頼できる専門家

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部