中小企業の場合:IRSは有形資産の支出のしきい値を2,500ドルに引き上げます。 ファイリングと記録管理を簡素化するためのしきい値の簡素化と支出

ワシントン—今日の内国歳入庁は、特定の資本項目を差し引くためのセーフハーバーのしきい値を500ドルから2,500ドルに引き上げることにより、中小企業の事務処理と記録管理の要件を簡素化しました。

この変更は、該当する財務諸表(監査済み財務諸表)を維持していない事業​​に影響を及ぼします。 これは、通常は資本項目と見なされる有形資産の取得、生産、または改善に費やされる金額に適用されます。

新しい2,500ドルのしきい値は、請求書によって立証されたそのようなアイテムに適用されます。 その結果、中小企業は、毎年の減価償却費控除を通じて、そうでなければ何年にもわたって分散する必要があるであろう多くの支出を即座に控除することができます。

「納税者、その代表者、および専門の税務コミュニティから多くの思慮深いコメントを受け取りました」と、IRSコミッショナーのジョン・コスキネンは述べています。 「この重要なステップにより、中小企業の税金が簡素化され、中小企業の所有者とその税務準備者の記録管理と事務処理の負担が軽減されます。」

150月のコメント要求に応えて、IRSは、しきい値の引き上げを提案する500通以上の手紙を企業とその代表者から受け取りました。 コメント提供者は、既存の500ドルのしきい値は低すぎて、中小企業の管理上の負担を効果的に減らすことができないと指摘しました。 さらに、タブレットスタイルのパーソナルコンピュータ、スマートフォン、機械および装置の部品など、一般的に費用がかかる多くのアイテムのコストは、通常、XNUMXドルのしきい値を超えています。

以前と同様に、企業は、2,500ドルのしきい値を超えた場合でも、それ以外の場合は控除可能な修理および保守コストを請求できます。

新しい2,500ドルの基準額は、2016年の課税年度から有効になります。さらに、IRSは、2,500年より前の課税年度の新しい2016ドルの基準額の使用に異議を唱えないことにより、適格企業に監査保護を提供します。

該当する財務諸表を持っている納税者の場合、デミニミスまたは小額のしきい値は5,000ドルのままです。

この変更の詳細については、本日IRS.govに投稿されたNotice2015-82をご覧ください。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部