IRSは納税者に、1040年の仮想通貨取引のフォーム1040、1040-SR、または2021-NRのチェックボックスをオンにする必要があることを通知します

IRS は IR-2022-61 を使用して、フォーム 1040 の上部に仮想通貨取引について尋ねる質問があり、納税者は「2021 年中のいつでも、仮想通貨の金銭的利益を販売、交換、またはその他の方法で処分することはできますか?」

IRS は納税者に対し、Form 1040、Form 1040-SR、Form 1040-NR の冒頭に仮想通貨に関する質問があることを注意喚起しています。 「2021 年のいずれかの時点で、仮想通貨の金銭的利息を受け取り、販売、交換、またはその他の方法で処分しましたか?」と尋ねます。

Form 1040、Form 1040-SR、または Form 1040-NR を提出するすべての納税者は、仮想通貨の質問に対して「はい」または「いいえ」で答えるボックスを 2021 つチェックする必要があります。 この質問は、XNUMX年に仮想通貨に関連する取引に従事した納税者だけでなく、すべての納税者が回答する必要があります。

納税者が「いいえ」をチェックできる場合
2021 年のいつでも、単に仮想通貨を所有していた納税者は、その年中に仮想通貨に関連する取引を行っていない場合、またはその活動が以下に限定されている場合は、「いいえ」ボックスにチェックを入れることができます。

  • 自分のウォレットやアカウントに仮想通貨を保有すること。
  • 自分のウォレットまたはアカウント間で仮想通貨を送金すること。
  • 現実の通貨を使用した仮想通貨の購入(PayPal や Venmo などの現実の通貨の電子プラットフォームを使用した購入を含む)。
  • 上記の仮想通貨の保有、譲渡、または購入を組み合わせて行うこと。

納税者が「はい」にチェックを入れる必要がある場合
以下のリストは、「はい」ボックスをチェックする必要がある仮想通貨での最も一般的な取引をカバーしています。

  • 提供された商品またはサービスの支払いとしての仮想通貨の受領。
  • 善意の贈り物とはみなされない仮想通貨の無料の受領または譲渡(対価を提供しない)。
  • マイニングおよびステーキング活動の結果としての新しい仮想通貨の受領。
  • ハードフォークの結果としての仮想通貨の受け取り。
  • 仮想通貨と財産、商品、またはサービスの交換。
  • 別の仮想通貨への仮想通貨の交換/取引。
  • 仮想通貨の販売。 と
  • 仮想通貨における金銭的利息のその他の処分。

納税者が資本資産として保有していた仮想通貨を販売、交換、または譲渡を通じて処分した場合、「はい」にチェックを入れ、フォーム 8949 を使用してキャピタルゲインまたはキャピタル損失を計算し、スケジュール D (フォーム 1040) に報告する必要があります。 。

納税者がサービスの対価として仮想通貨を受け取った場合、または取引やビジネスで顧客に販売するために保有していた仮想通貨を処分した場合、同じ種類の他の収入を報告するのと同じように収入を報告する必要があります(たとえば、W -2 フォーム 1040、1040-SR、または 1040-NR、行 1 の賃金、またはスケジュール 1 のスケジュール C の在庫またはサービス)。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部