IRSは、特定の駐在員が米国の税および申告義務を遵守する方法を可能にする新しい手順を発表しました

番外編をすべて読んでください *****6 年 2019 月 XNUMX 日******  IRSは、(IRC Sec 2019 / 151Aの定義内で)海外駐在した特定の米国市民個人(不動産、信託、企業、パートナーシップ、その他の事業体ではない)に関する救済規定–IR-877-877-をリリースしました。 18年2010月2日、純資産が5万未満で、海外駐在の年と過去25,000年間の総納税義務がXNUMXドル未満であった場合、これらの事実を満たした不本意な個人は、未払いの米国税の責任を負いません。 さらに、これらの手続きの対象となる個人には、罰金や利子は課されません。

内国歳入庁は本日、米国市民権を放棄した特定の個人が米国の納税および申告義務を遵守し、未払い税の軽減を受けられるようにする新しい手続きを発表しました。

  特定の元市民のための救済手続き 米国市民または居住者として米国の確定申告を行っておらず、米国に限られた金額の還付税を負っており、純資産が2万ドル未満の個人にのみ適用されます。 これらの新しい手続きを利用できるのは、過去のコンプライアンス違反が故意ではなかった納税者だけです。 このグループの多くは、人生のほとんどを米国外に住んでいて、米国の納税義務があることに気付いていなかった可能性があります。

これらの救済手続きの使用を希望する適格な個人は、前の25,000年間と海外駐在の年について、必要なすべてのスケジュールと情報の申告を含む、未払いの米国の納税申告書を提出する必要があります。 納税者の納税義務が問題のXNUMX年間で合計XNUMXドルを超えない場合、納税者は米国の税金を支払う必要がなくなります。 これらの手続きの目的は、特定の元市民に救済を提供することです。 これらの手続きの対象となる個人には、罰金や利子は課されません。

IRS は、特定の終了日を設けずにこれらの手続きを提供しています。 IRS は手続きを終了する前に終了日を発表します。 18 年 2010 月 XNUMX 日以降に米国市民権を放棄した個人は、手続きの他の基準を満たしている限り資格があります。

これらの手続きは個人のみが行うことができます。 不動産、信託、企業、パートナーシップ、その他の団体は、これらの手続きを使用することはできません。

IRS は近い将来、特定の元国民に対する救済手続きを申請するための追加情報と実践的なヒントを提供するオンライン ウェビナーを開催する予定です。

米国市民権の放棄とそれに続く税の影響は、取り返しのつかない決定を伴う重大な問題です。 米国の納税義務を遵守せずに市民権を放棄した納税者は、米国の海外駐在税制の重大な税務上の影響を受けます。 これらの手続きに関心のある納税者は、FAQを含むすべての資料を注意深く読み、決定を下す前に弁護士に相談することを検討する必要があります。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部