COVID-19が外国の収入と住宅の除外にどのように影響するか

Covid-27の流行に照らして、2020年19月2020日に最初に報告されたように、IRSは収益手順(Rev Proc)27-2020をリリースしました。 RevProc27-XNUMX米国外に住んで働いている米国人に影響を与える

Rev Proc 2020-27は、Covid-911の流行が中国諸国(HKおよびMacauを除く)の悪条件と見なされるPPTおよびBFRテストに関して、IRC Sec 4(d)(19)-時間要件の放棄-を呼び出します。 )1年2019月1日からグローバルに2020年15月2020日から19年1月2019日まで。ただし、Covid-1の流行がなければ、最小時間要件を満たすことが合理的に期待できることを示すことができなければなりません。外国に居住し、2020年XNUMX月XNUMX日またはXNUMX年XNUMX月XNUMX日の初めまたはそれ以前にそれぞれ外国に居住または物理的に居住していること。 ただし、除外は実際の居住日のみを使用して計算されます。

原則として、米国市民または居住外国人であるクライアントがいて、彼らが海外に住んでいる場合、彼らは彼らの世界的な収入に課税されます。 ただし、105,900年の課税年度で最大2019ドル(107,600年の課税年度で2020ドル)までの外国所得を第911項に基づいて所得から除外する資格を得る場合があります。 内国歳入法のXNUMX。

さらに、特定の外国住宅の金額から基本金額を差し引いた金額を除外または差し引くことができます。 許可される基本額(最大除外の16%)は、16,944年の課税年度で2019ドル、17,216年の課税年度で2020ドルです。次に、基本額を365で割り、適格期間の日数を掛けます。

彼らはまた、彼らの雇用主によって彼らに提供された食事と宿泊の価値を収入から除外することができるかもしれません。

これらの特典の対象となるには、外国に税務署が必要であり、次のいずれかである必要があります。

  • 米国市民であり、課税年度全体を含む中断のない期間、外国の正真正銘の居住者である。
  • 米国市民または居住者であり、連続する12か月の期間中に提示されますt外国で少なくとも330日間。

ただし、戦争、内乱、またはその他の不利な状況により、330日の要件が満たされる前に個人が国を離れることを余儀なくされた場合、最短時間の要件は免除される場合があります。

<ご参考>

Rev Proc 2020-27

による コロナ また、通常の業務遂行を妨げる世界的な健康上の緊急事態により、IRSは、特定の状況における2019年および2020年の課税年度の外国所得および外国住宅費の除外を目的とした居住およびプレゼンステストを放棄しました(参照 Rev Proc 2020-27).

IRSによると、COVID-19の緊急事態のために、クライアントが1年2019月15日以降に中華人民共和国(香港とマカオの特別行政区を除く)を離れる必要があった場合、 2020年1月2020日以前、または15年2020月2019日以降のその他の外国、ただし2020年2019月2020日以前でも、課税年度の本物の居住テストまたは物理的存在テストの要件を満たすことができる場合があります。 27年または2555年の課税年度は、外国で稼得した所得の除外、および住宅費の除外または控除を決定するためのものです。 XNUMX年の課税年度の免除を請求するには、フォームXNUMXの上部マージンに「RevenueProcedure XNUMX-XNUMX」と記入し、納税申告書に添付してください。

救済の資格を得るには、個人は、中国の場合は1年2019月1日以前に、その他の地域の場合は2020年330月19日までに、外国に居住している、または物理的に存在している必要があります。世界の。 COVID-12緊急事態がなかった場合、物理的存在のXNUMX日間の要件を満たすことができた個人は、他の要件が満たされている限り、適格な個人要件を満たすために任意のXNUMXか月の期間を使用できます。

1年2019月1日に中国に到着し、2020年10月2020日まで中国で働くことを合理的に期待しているが、COVID-19のために1年31月2019日に中国を出発した個人は資格があります。 1年9月2020日から911月XNUMX日までの期間、およびXNUMX年XNUMX月XNUMX日からXNUMX月XNUMX日までの期間の個人。 XNUMX。

1年1月2020日から2月2020日まで英国に滞在していた個人は、暦年全体にわたって英国で働くことが合理的に期待されていたが、COVIDのために19年25月2020日に英国を出国したことを立証しました。 -2020であり、1年1月2020日に英国に帰国すると、暦年の残りの期間、25年31月2020日から911月XNUMX日までの期間とXNUMX月XNUMX日までの期間に関してXNUMX年の資格のある個人になります。 XNUMX年XNUMX月XNUMX日まで、個人が第XNUMX項に基づく資格に関する他の要件を満たしていることを前提としています。 XNUMX。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部