IRSは、納税者擁護サービスからのものであると誤って主張する新しい電子メールフィッシングスキームについて警告します

ワシントン—内国歳入庁は本日、消費者に新しい電子メールフィッシング詐欺に注意するよう警告しました。 電子メールは、IRS Taxpayer Advocate Serviceからのものであり、偽のケース番号が含まれているようです。

偽の電子メールには、次のメッセージが含まれている可能性があります。 あなたのケースは、解決支援のために納税者擁護サービスに転送されました。 2013年の提出書類の処理の遅延を回避するには、解決の支援についてTaxpayerAdvocateServiceに連絡してください。」

受信者は、自分のケースに割り当てられた「支持者」に関する情報を提供していると思われるリンク、または「報告された収入を確認する」リンクをクリックするように指示されます。 リンクは、個人情報を求めるWebページにつながります。

これらのメッセージを受け取った納税者は、電子メールに返信したり、リンクをクリックしたりしないでください。 代わりに、詐欺メールをIRSに転送する必要があります。フィッシング@irs.gov。 詳細については、IRSの フィッシングの報告ウェブページ。

Taxpayer Advocate Serviceは、納税者が通常のIRSチャネルでは解決されていない連邦税の問題を解決するのを支援する合法的なIRS組織です。 TASを含むIRSは、電子メール、テキストメッセージ、またはソーシャルメディアによる納税者との連絡を開始しません。

防御する詐欺の詳細については、「特攻大作戦」IRS.govのリスト。

トップに戻る


IRSの電子メールサービスであるIRSNewswireをご利用いただきありがとうございます。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部