両親が離婚、別居、別居している場合の子供の被扶養者の請求

IRS の Tax Tip 2022-18 では、フォーム 8332 の使用を含め、別居、離婚、または両親が別居している場合に、誰が扶養する子供を請求できるかを説明しています。

離婚、別居、未婚または別居の親で、子供の親権を元配偶者または元パートナーと共有している親は、誰が税目的で子供を請求する資格があるかについての特定の規則を理解する必要があります。 これにより、両親の両方にとって税金の申告が容易になり、処理の遅延やコストのかかる税金の間違いにつながる可能性のあるエラーを回避できます。

対象となる子供を被扶養者として請求できるのは、XNUMX 人だけです。

扶養している子供の税制上の優遇措置を請求できるのは、XNUMX 人だけです。 修飾子ルール. 親は、それぞれの納税申告書で子供の税制上の優遇措置を共有または分割することはできません。

それぞれの親が、納税申告書で子供を請求するのは誰なのかを理解することが重要です。 XNUMX 人の人が異なる納税申告書で同じ子供の請求を行った場合、IRS がどちらの親の請求を優先するかを決定する間、処理時間が遅くなります。

一般に、親権を持つ親は、適格な子供が返還されたときに扶養家族であると主張します。

  • 監護親とは、子供が XNUMX 年間に同居した夜の数が最も多かった親です。 もう一方の親は、親権を持たない親です。
  • ほとんどの場合、 レジデンシーテスト、親権者の親は、納税申告書で子供を請求します。
  • 子供が XNUMX 年間にそれぞれの親と同居した場合、監護親とは、調整総収入がより高い親です。

お子様が複数の人の対象となるお子様である場合、タイブレーカー ルールが適用される場合があります。

  • 子供はいずれかの親の適格な子供になるための条件を満たしている可能性がありますが、納税者が適格である場合、子供を適格な子供として実際に請求できるのは XNUMX 人だけです。
  • 人々は注意深く読むべきです パブリケーション 504、離婚または別居中の個人 誰が適格な子供を請求する資格があるかを理解する。

親権を持たない親は、適格な子供を請求する資格がある場合があります。
子供が親権を持たない親の適格な子供として扱われるには、特別な規則が適用されます。

  • 親権を持つ親は、扶養控除を解除し、書面による宣言に署名するか、 フォーム 8332、親権者による子の免除に対する請求の解除の解除/取消 親権を持たない親が納税申告書を提出するため。
  • これは一部にも当てはまります 税制上の利点これには、子供の税額控除、追加の子供の税額控除、および他の扶養家族の控除が含まれます。 これは、勤労所得控除、扶養家族介護控除、世帯主の申請ステータスなど、他の税制上の優遇措置には適用されません。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部