納税申告書で学生ローンの利息を控除できますか?

プロタックスは、学生ローンの一時停止が終わりに近づいている今、申告状況に基づいて所得段階的廃止の範囲を説明しています。

連邦学生ローンの「一時停止」が31年以上続いたXNUMX月XNUMX日に終了する。 学生ローンの借金がある場合、納税申告書で支払う利息を控除できるかどうか疑問に思うかもしれません。 答えは「はい」かもしれませんが、一定の制限はあります。 調整後の総所得が特定のレベルを超えると、この控除は段階的に廃止されますが、そのレベルは他の多くの控除の所得レベルほど高くありません。

控除の基本

資格がある場合、毎年控除できる学生ローン利息の最大額は 2,500 ドルです。 利子は「適格教育ローン」のものでなければなりません。これは、特定の専門学校を含む高校卒業後の教育機関に通うための授業料、部屋代、食費、および関連費用を支払うために発生する借金を意味します。 大学院プログラムも対象となる場合があります。 たとえば、大学院トレーニングを提供する高等教育機関、病院、または医療施設によって授与される学位または証明書につながるインターンシップまたは研修プログラムが資格を得ることができます。

ローンがいつ行われたか、あるいはローンに対して以前に支払った利息が控除対象かどうかは関係ありません。

誰もが利用できるわけではありません

2023年には、調整総所得(AGI)が75,000万90,000ドルから155,000万ドル(夫婦が共同申告する場合は185,000万90,000ドルから185,000万XNUMXドル)の独身納税者を対象に控除が段階的に廃止される。 この控除は、AGIがXNUMXドル(夫婦が共同申告する場合はXNUMXドル)を超える独身納税者には利用できません。

既婚の納税者は、この控除を申請するには共同で申告する必要があります。

控除は「一線を超えて」行われます。 言い換えれば、AGI を決定するために総収入から差し引かれます。 したがって、控除を項目化していない納税者でも利用できます。

別の納税申告書で扶養家族として申請できる納税者には控除は認められません。 たとえば、親が扶養家族として主張している子供の大学教育費を支払っているとします。 この場合、利息控除は利息に対してのみ適用されます。  子どもが学生ローンで支払う利息ではなく、適格なローンで支払います。 子供は、後年扶養家族でなくなったときに支払われる利息を控除することができます。

その他のルール

支払われる利息は、納税者またはその配偶者または扶養家族の資格のある教育費をカバーするために借りた資金に対して支払われる必要があります。 学生は、通常のフルタイムの仕事量の少なくとも半分を負担する学位取得候補者である必要があります。 また、教育費はローンの借り入れ前後の合理的な期間内に支払われるか、負担されなければなりません。

納税者は対象となる支出を確認するために記録を保管しなければなりません。 授業料を文書化することは問題になる可能性は低いです。 ただし、書籍、設備、料金、交通費など、その他の資格のある教育関連の費用を文書化する際には注意が必要です。

キャンパス内で生活し、食事をする学生にとって、部屋代と食費の記録は簡単でなければなりません。 キャンパス外に住んでいる学生は、特にルームメイトなどの複雑な要因がある場合には、部屋代と食費の記録を維持する必要があります。

この控除の対象となるかどうかを判断するのにサポートが必要な場合、またはご質問がある場合は、お問い合わせください。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部