2012年のアメリカ納税者救済法

発行番号:IR-2013-4

この号の中


2013 年の年次インフレ調整

ワシントン — 内国歳入庁は本日、税率表および最近可決された 2013 年米国納税者救済法によるその他の税金の変更を含む、2012 課税年度の年次インフレ調整を発表しました。

ほとんどの納税者にとって最も関心のある 2013 年の税項目には、次の変更が含まれます。

  • 2013 課税年度 (通常は 2014 年に提出された納税申告書) から、収入が 39.6 ドル (共同申告書を提出する既婚納税者の場合は 400,000 ドル) を超える個人に対して、450,000 パーセントの新しい税率が追加されました。 その他の限界金利 (10、15、25、28、33、35 パーセント) は前年と同じです。 ガイダンスには、各限界税率の課税対象所得のしきい値が含まれています。
  • 標準控除額は、6,100課税年度の12,200ドル(夫婦共同申告の場合は5,950ドル)から11,900ドル(夫婦が共同申告の場合は2012ドル)に引き上げられます。
  • 2012 年の米国納税者救済法では、収入が 2013 万ドル以上(夫婦が共同申告する場合は 250,000 万ドル)の個人の 300,000 年の申告書に請求される項目別控除に制限が追加されました。
  • 個人免除額は 3,900 年の免除額 2012 ドルから 3,800 ドルに引き上げられます。 ただし、2013 年から、この免除は調整済み総所得 150,000 万ドル (夫婦が共同申告する場合は 300,000 万ドル) から段階的に廃止されることになりました。 完全に段階的に廃止され、211,250ドル(夫婦が共同で申請する場合は422,500ドル)となります。
  • 2013 課税年度の代替最低税控除額は 51,900 ドル (夫婦が共同申告する場合は 80,800 ドル) であり、将来のインフレ額を指標とする 2012 年米国納税者救済法によって設定されています。 2012 年の免除額は 50,600 ドル (夫婦が共同で申請する場合は 78,750 ドル) でした。
  • 勤労所得控除の最大額は、対象となる子供が 6,044 人以上いる共同申告納税者の場合は 3 ドルで、5,891 課税年度の合計 2012 ドルから増加しました。
  • 2013 年中に死亡した被相続人の遺産には基本控除額が 5,250,000 ドルあり、5,120,000 年に死亡した被相続人の遺産の総額は 2012 ドルから増加しました。
  • 2013 課税年度では、交通パスと通勤高速道路車両での交通手段に対する付加給付除外額の総額に関する月額制限は 245 ドルとなり、240 課税年度の 2012 ドルから引き上げられました (法律により、125 年度の制限 XNUMX ドルから遡及的に引き上げられました)場所)。

これらのインフレ調整やその他の詳細については、 収益手続き2013-15他のインフレ調整項目は、2013 年 5 月に歳入手続き 28-2013 で公表されました。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部