IRSは2016年の年金制度の制限を発表しました。 401(k)拠出限度額は、18,000年も2016ドルのまま変更されていません

ワシントン—内国歳入庁は本日、2016年度の年金制度およびその他の退職関連項目のドル制限に影響を与える生活費調整を発表しました。一般に、2016年の年金制度の制限は、費用の増加により変更されません。生活指数は、調整をトリガーする法定のしきい値を満たしていませんでした。 ただし、インデックスの増加が法定のしきい値を満たしているため、他の制限は変更されます。

2015 年から 2016 年にかけて変更された制限の主な内容は次のとおりです。

  • 職場の退職金制度の対象外で、対象となる人と結婚しているIRA寄稿者の場合、夫婦の収入が184,000ドルから194,000ドルから、183,000ドルから193,000ドルの間であれば、控除は段階的に廃止されます。
  • Roth IRAに拠出する納税者のAGI段階的廃止範囲は、夫婦が共同で申告する場合の184,000万194,000ドルから183,000万193,000ドルで、117,000万132,000ドルから116,000万131,000ドルに増加する。 独身者と世帯主の場合、段階的所得削減の範囲は、XNUMX万XNUMXドルからXNUMX万XNUMXドルまで増加し、XNUMX万XNUMXドルからXNUMX万XNUMXドルとなる。
  • 低所得および中所得の労働者の貯蓄者クレジット(退職貯蓄拠出金クレジットとも呼ばれる)のAGI制限は、共同で申請する夫婦の場合、61,500ドルから61,000ドルになります。 世帯主は46,125ドルで、45,750ドルから増加しました。 個別に申請する既婚者の場合は30,750ドル、独身者の場合は30,500ドルから増加します。

2015 年から変更されていない制限の主な内容は次のとおりです。

  • 401(k)、403(b)、ほとんどの457プラン、および連邦政府の節約貯蓄プランに参加する従業員の選択的延期(拠出)制限は、18,000ドルのまま変更されていません。
  • 50(k)、401(b)、ほとんどの403プラン、および連邦政府の節約貯蓄プランに参加する457歳以上の従業員のキャッチアップ拠出限度額は、6,000ドルのまま変更されていません。
  • 個人退職金制度(IRA)への年間拠出額の上限は5,500ドルのままです。 50歳以上の個人に対する追加のキャッチアップ拠出限度額は、年間の生活費調整の対象ではなく、1,000ドルのままです。
  • 従来のIRAに貢献する納税者の控除は、一定の範囲内で調整総所得(AGI)を変更した人に対して段階的に廃止されます。 職場の退職金制度の対象となる独身者と世帯主の場合、所得の段階的廃止の範囲は61,000ドルから71,000ドルのままです。 IRA拠出金を支給する配偶者が職場の退職金制度でカバーされている、共同で申請する夫婦の場合、所得の段階的廃止の範囲は98,000ドルから118,000ドルのままです。 職場の退職金制度の対象となる別の申告書を提出する既婚者の場合、段階的廃止の範囲は年間の生活費調整の対象ではなく、0ドルから10,000ドルのままです。
  • Roth IRAに寄付し、別個の申告書を提出する既婚者に対するAGI段階的廃止範囲は対象外 毎年恒例の共同にst-of-living調整で、$0から$10,000のままです。

以下は、調整された制限と変更されていない制限の両方の詳細です。

インテのセクション415総収入deは、適格な退職金制度の下での給付と拠出に対するドルの制限を規定しています。 セクション415(d)は、財務長官が生活費の増加に対してこれらの制限を毎年調整することを要求しています。 繰延報酬制度に適用されるその他の制限も、セクション415に基づくこれらの調整の影響を受けます。セクション415(d)に基づき、調整は、セクション215(i)に基づく給付額の調整に使用される手順と同様の調整手順に従って行われます。 (2)(A)社会福祉法の。

1年2016月415日より、セクション1(b)(210,000)(A)に基づく確定給付制度に基づく年間給付の制限は1ドルのまま変更されません。 2016年415月1日より前に退職した参加者の場合、セクション2015(b)(1.0011)(B)に基づく確定給付制度の制限は、XNUMX年までに調整された参加者の報酬制限にXNUMXを掛けて計算されます。

第 415 条(c)(1)(A) に基づく確定拠出制度の限度額は、2016 年も 53,000 ドルのままです。

規範は、他のさまざまなドル額が、セクション415(b)(1)(A)のドル制限と同時に、同じ方法で調整されることを規定しています。 適用される四捨五入規則を考慮した後の2016年の金額は次のとおりです。

セクション402(g)(1)に記載されている選択的延期の除外に関するセクション402(g)(3)に基づく制限は、18,000ドルのまま変更されていません。

第 401 条(a)(17)、第 404 条(l)、第 408 条(k)(3)(C)、および第 408 条(k)(6)(D)(ii)に基づく年間報酬限度額は、265,000 ドルで変更ありません。

トップヘビープランにおける主要従業員の定義に関するセクション 416(i)(1)(A)(i) に基づくドル制限は、170,000 ドルのままです。

第 409 条(o)(1)(C)(ii)に基づく、5 年間の分配期間を条件とする従業員持株制度の最大口座残高を決定するためのドル額は 1,070,000 ドルに変更されません。 5 年間の分配期間の延長は 210,000 ドルのままです。

第 414 条(q)(1)(B) に基づく高額報酬の従業員の定義で使用される制限は、120,000 ドルで変更されません。

個人向けのセクション414(k)(2)またはセクション401(p)に記載されているプラ​​ン以外の該当する雇用者プランへのキャッチアップ拠出に対するセクション11(v)(408)(B)(i)に基づくドル制限50歳以上は6,000ドルで変わらない。 414歳以上の個人のセクション2(k)(401)またはセクション11(p)に記載されている該当する雇用者プランへのキャッチアップ拠出に対するセクション408(v)(50)(B)(ii)に基づくドル制限3,000ドルのまま変わりません。

特定の政府計画の適格参加者に対する第 401 条(a)(17) に基づく年間報酬制限。1 年 1993 月 401 日発効の計画では、第 17 条に基づく計画に基づく報酬制限に対する生活費の調整が認められていました( a)(395,000)を考慮すると、XNUMXドルのままで変わりません。

簡易従業員年金(SEP)に関するセクション408(k)(2)(C)に基づく報酬額は、600ドルのまま変更されていません。

SIMPLE 退職口座に関するセクション 408(p)(2)(E) に基づく制限は 12,500 ドルのままです。

州政府、地方政府、および免税組織の繰延報酬制度に関するセクション457(e)(15)に基づく繰延の制限は、18,000ドルのまま変更されていません。

付加給付評価における「支配従業員」の定義に関する所得税規則第 1.61 条 21(f)(5)(i) に基づく報酬額は、105,000 ドルで変更ありません。 第 1.61 条 21(f)(5)(iii)に基づく補償額は、215,000 ドルで変更ありません。

コードは、複数雇用者の計画がセクション1,000,000,000(e)(432)(H)(v)(III)(aa)に基づいて体系的に重要な計画であるかどうかを判断するために使用される、9ドルのしきい値が、生活費調整を使用して調整されることを規定しています。セクション432(e)(9)(H)(v)(III)(bb)に基づいて提供されます。 適用可能な丸め規則を考慮した後、複数雇用者プランがセクション432(e)(9)(H)(v)(III)(aa)に基づいて体系的に重要なプランであるかどうかを判断するために使用されるしきい値は、2016年に$1,000,000,000から引き上げられます。 $1,012,000,000に。

規範はまた、いくつかの年金関連の金額は、セクション1(f)(3)に基づく生活費調整を使用して調整されることを規定しています。 適用される丸め規則を考慮した後、2016年の金額は次のとおりです。

共同申告を行う既婚納税者の退職貯蓄拠出金を決定するためのセクション25B(b)(1)(A)に基づく調整済み総所得制限は、36,500ドルから37,000ドルに引き上げられました。 セクション25B(b)(1)(B)に基づく制限が$39,500から$40,000に引き上げられました。 また、セクション25B(b)(1)(C)および25B(b)(1)(D)に基づく制限は、61,000ドルから61,500ドルに引き上げられました。

世帯主として申告する納税者の退職貯蓄拠出金を決定するためのセクション25B(b)(1)(A)に基づく調整総所得制限が27,375ドルから27,750ドルに引き上げられました。 セクション25B(b)(1)(B)に基づく制限が29,625ドルから30,000ドルに引き上げられました。 セクション25B(b)(1)(C)および25B(b)(1)(D)に基づく制限は、45,750ドルから46,125ドルに引き上げられました。

他のすべての納税者の退職貯蓄拠出金を決定するためのセクション25B(b)(1)(A)に基づく調整済み総所得制限は、18,250ドルから18,500ドルに引き上げられました。 セクション25B(b)(1)(B)に基づく制限が19,750ドルから20,000ドルに引き上げられました。 また、セクション25B(b)(1)(C)および25B(b)(1)(D)に基づく制限は、30,500ドルから30,750ドルに引き上げられました。

適格な退職金拠出を行う個人のセクション219(b)(5)(A)に基づく控除額は、5,500ドルのまま変わりません。

共同申告を行うアクティブな参加者である納税者または適格な未亡人としてのIRA拠出金の控除額を決定するための、セクション219(g)(3)(B)(i)に基づく適用可能な金額は、98,000ドルのままです。 。 他のすべての納税者(個別の申告書を提出する既婚納税者を除く)に適用されるセクション219(g)(3)(B)(ii)に基づく金額は、61,000ドルのままです。 個別の申告書を提出する既婚者にセクション219(g)(3)(B)(iii)に基づいて適用される金額は、年間の生活費調整の対象ではなく、0ドルのままです。 積極的な参加者ではないが配偶者が積極的な参加者である納税者に適用されるセクション219(g)(7)(A)に基づく金額は、183,000ドルから184,000ドルに引き上げられます。

共同申告書を提出する既婚納税者または資格のある未亡人として提出する納税者の最大ロスIRA拠出金を決定するための、セクション408A(c)(3)(B)(ii)(I)に基づく調整済み総所得制限が引き上げられます183,000ドルから184,000ドルまで。 他のすべての納税者(個別の申告書を提出する既婚納税者を除く)のセクション408A(c)(3)(B)(ii)(II)に基づく調整済み総所得制限は、116,000ドルから117,000ドルに引き上げられます。 個別の申告書を提出する既婚者にセクション408A(c)(3)(B)(ii)(III)に基づいて適用される金額は、年間の生活費調整の対象ではなく、0ドルのままです。

セクション430(c)(7)(D)(i)(II)に基づくドル額は、セクション430(c)( 2)(D)が$1,101,000から$1,106,000に増額されました。

カテゴリー

メンバーおよび注目の学部

メンバーおよび注目の学部